不動産 連載

殿木真美子殿木真美子

マンション管理組合の理事長に、現役ビジネスマンが最強なワケ

「サラリーマンこそマンションの理事に最適!」と説くのは、日刊住まいライターでもあるサラリーマン理事長。忙しい現役世代でありながら管理組合の理事長を引き受けた理由と、サラリーマンが理事長をする意義についてお話を伺いました。

ビジネスマンこそ理事長を経験すべき?

会議室

セーラム / PIXTA(ピクスタ)

マンションの管理組合の役員については、「面倒な仕事」というイメージを持つ人が多いようです。

輪番制で役が回ってきてしまったらどうしよう、その上、くじ引きで理事長になんてなってしまったら?と不安に思うのも無理はありません。
マンションの管理についてはほとんどの人が全くの素人。もしも、少しは専門知識があるという人がいたとしても、自分の住むマンションとなるとまた別の問題です。

月に一度の理事会、管理会社との慣れないやり取り、クレームへの対応もしなければいけないかもしれません。日々忙しい現役世代にとってはかなりの負担。「そういう仕事は暇な人がやってくれれば…」と考えてしまいがちですよね。

しかし、サラリーマン理事長さんは言います。

「それは違います! これからスキルをどんどん磨いていきたいと考えるビジネスマンこそ、理事長を経験すべきなんです!」。

45歳で資本金1億円以上の会社の社長になる!

サラリーマン

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

力説をするサラリーマン理事長さんですが、「現役世代こそ理事長をすべき」というのは一体どういうことなのでしょうか?

現在、40歳の理事長さん。30歳になった時にビジネスマンとしての目標を立てたそうです。それは「45歳になったら年商1000億円以上の会社の社長になること」。
その大きな目標のために、仕事を変えながらスキルアップしてきました。

「マンションの理事長とは、会社のトップのようなもの。プランをつくり、みんなの意見をまとめ、お金を回す。社長がする仕事を疑似体験できる絶好の機会です」。

確かに、自分がスキルアップできるチャンス、とポジティブにとらえることもできますね。

「サラリーマンの仕事って、やや他人事ですよね。でも、マンションの理事長は、自分や家族が住んでいる場所なので、住み心地や資産価値に直結する。もちろん、会社の仕事のような報酬をもらえるわけではありませんが、若いうちに人の上に立つ貴重な経験ができる場なんです」と理事長さんは言います。

ビジョンを明確にすることの大切さ

マンション

まりも / PIXTA(ピクスタ)

また、会社は事業領域が決まっていて、取引相手やお客さんとも向いている方向が近いものですが、マンションに住んでいる人は年齢や性別、家族構成も住む目的もみんなバラバラの人たちばかり。

「初めからまとまったコミュニティではない分、大変さはもちろんあります。しかし、そういった人たちに同じ方向を向いてもらい、意見をまとめ上げていくことはすごく有意義だし、自分の将来のためにもとても良い経験ができていると思います」と理事長さん。

理事長に就任してから、住民の共通の目的を持とうと「100年間、安心安全で、代々木で最も美しく住まえるヴィンテージマンションへ」というマンションのビジョンを提唱したそうです。
会社であればあって当たり前のビジョンですが、確かにマンションにビジョンを持つというのは新しい発想ですね。

そして、このビジョンを持ったことで住民が同じ方向を目指し、意見もまとまりやすくなったそうです。

マンション理事長の仕事がスキルアップにつながり、社長となるための経験にもなる、という視点は新しいですね。また、ビジョンを持つことの大切さを実感するお話でもありました。

人気連載

READ MORE