トラブル 連載

殿木真美子殿木真美子

トイレの配管が大トラブルに!中古マンションを検討の人は注意

「サラリーマンこそマンションの理事に最適!」と説くのは、日刊住まいライターでもあるサラリーマン理事長。
1977年築のヴィンテージマンション1階の住戸をフルリノベーションして住んでいましたが、トイレに大きな問題があったそうで…。どんなことあったのでしょうか。

トラブル発生。トイレが詰まった!

トイレ

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

サラリーマン理事長さんのお宅では、ある日突然トイレが詰まって使えなくなってしまったといいます。

慌てて管理会社に報告し、現状を見てもらうと、トイレの配管の勾配が適正にとれていないことが原因でした。しかも、配管は土の中に埋まっています。

理事長さんの住まいはマンションの1階。築年数の古い旧耐震のマンションでは、1階の住戸の配管が土の中に埋まっているケースもままあるそうです。

経年劣化によって鉄の管が錆びて腐って穴が開き、土の中に生活排水や汚物がたまってしまうことも。さらに、それが原因で周辺の地盤が沈下して管が折れ曲がり、排水が逆流してしまうというわけです。

修理してもらったのに、また…!?

マンション

撮るねっと / PIXTA(ピクスタ)

サラリーマン理事長さんの部屋は、管理会社が間に入って早速修繕工事をしてもらうことになりました。床の2か所を剥がして、人の手でトンネルを掘るように修繕していく地道な作業です。
当然、日常生活が困難になり、仮住まいを探す必要がありました。

工事費にプラスして、仮住まいの分の費用についても管理組合から拠出してもらうことにはなったのですが、管理会社が探してきた仮住まい用のホテルはどれも15~30平米ほどの広さで、とても家族4人が暮らせるものではありませんでした。
理事長さんは仕方なく、マンスリーで借りられる部屋を自分で探したそうです。

さらに、工事は3週間ほどかかるといわれていたのですが、思ったより土が硬かったのか、結局1か月半もかかってしまいました。

しかし、これでやっと新居での生活!と思ったのもつかの間、3日経ったらまたまたトイレが詰まったのです。
「もう、ここまでくると自分は『持ってる』としか思えない…」とサラリーマン理事長さんもげんなり。

配管は見えないところにあるからこそ、トラブル時に怖い

配管点検

ABC / PIXTA(ピクスタ)

2度目の故障の原因は、管の勾配がしっかりとれていないことでした。でもこれって、前回の原因と同じですよね?

「管に沿ってトンネルのように穴を掘り、鉄管ではなく錆びない素材の管に変えたのですが、セメントを入れて埋め戻す時に勢いよく入れ過ぎてしまったらしく、管が浮いてしまったんです。工事のやり方を聞いた時に、セメントを入れる時に気をつけないと浮いちゃいますよね?と注意しておいたのに。素人の私でも分かることですよ!」と憤る理事長さん。

管理会社も工事状況をきちんと確認していなかったようで、結局また工事をやり直し、何とか使えるようになったそうです。

配管工事

「人間でも血管と骨が大事なように、マンションは配管がすごく怖いんです。見えないところに張り巡らされているので、どこかに不具合が出ると1つの部屋だけの問題ではなくなる可能性もある。土の中に配管があるのは新しいマンションでも絶対にない話ではないので、注意が必要です」と理事長さんは言います。

中古マンションの購入を考えている方は、配管の修繕履歴なども見せてもらうといいですよ、とも教えてくれました。

  • B!