暮らしのコツ

tonoeltonoel

服を確実に減らすコツ。量が多い&引越し前の人にすぐ効きます

この春、引っ越しを控えている方は「クローゼットの整理が進まない」「衣類の量が多くて何から手を付けたらいいのか分からない」と困っていませんか?

「クローゼットの整理作業は簡単3ステップのみ」と話すのは、整理収納アドバイザーで引越しコンサルタントのトノエルさん。その進め方を教えてもらいましょう。

ステップ1.家じゅうから衣類を集める

たくさんの衣類

まずは家の中のなるべく広いスペースに、自分の衣類をすべて一カ所に集めて積み上げましょう。「体は一つなのに、こんなたくさん!」とその量の多さにびっくりするのではないでしょうか。

まずは視覚的に、持っている物の量を把握することが大切。面倒に感じるかもしれませんが、必ず「全部出す」ことをおすすめします。

タイマー

大豪邸でもなければ、10分もあればすべての衣類を出し切ることはできるはず。がんばりましょう。
・トップス
・ボトムス
・アウター
・下着
・パジャマ
など、種類ごとに山を分けて置くと、このあとの仕分け作業がスムーズになります。

なお、このときに存在を忘れてしまい出さなかった衣類は、あなたにとって必要のない物のはずです。

ステップ2.整理の基準にそって要・不要を分ける

衣類の仕分け

普段、どんな基準で衣類の要・不要を判断していますか? 洋服の山から一つひとつのアイテムを手に取り、自分で決めた基準に照らして仕分けていきましょう。

あまり着ていない服を「まだキレイだから」「部屋着にしよう」という理由で残すのはおすすめしません。これまで着ていなかったのには訳があるはず。部屋着はくつろげる服であるべきで、そんなに数はたくさんいりませんよね。

あまり時間がない方は「1着あたり5秒以内に判断する」など、テンポよく仕分けていくのがおすすめです。そして「出さなかった衣類」と「不要に分類された衣類」は、リサイクルに出す、譲る、処分するなどして確実にお別れしましょう

ステップ3.残すことにした服をクローゼットに戻す

服を戻す

不要な服を取り除いて必要な物だけになったら、元あったところに戻していきます。

新居のどこに、どんなふうに衣類を収納したらいいのかを考えるのは、まだ先。今の家にある衣類だけではなく、家じゅうの物の整理を終えてからにしましょう。

まとまった時間が取れない方は、一度に全部やろうとせずに、小さなカテゴリーごとに整理していくのがおすすめです。

  • B!