1. トップ
  2. 暮らし
  3. 住まい
  4. 地元で評判の工務店で建てたデザインハウス
  5. 工務店施工実例
  6. 抜け感を生かしたプランで、アウターリビングのある暮らしを

抜け感を生かしたプランで、アウターリビングのある暮らしを

設計・施工/宝建設(所在地:神奈川)

撮影/大内克志

建主であり、クワッドデザインアーキテクツ一級建築士事務所主宰のMさん夫妻と、設計・施工を手掛ける宝建設がタッグを組んだM邸を紹介しましょう。

「視線が抜ける家に」という夫妻の希望から、玄関の窓越しに奥の借景が楽しめる工夫を。2階のベランダも空が見られるように、屋根に開口部を設けました。「内と外の一体感を味わう場は、暮らしに潤いを与える贅沢な空間です」と妻は話します。

自然を享受する住まいは、施工にもこだわって美しく

三角屋根と片流れ屋根の2棟が連なるデザインが特徴的なM邸は、眺望を生かした開放的なプランが魅力です。

なかでも2階は、ベランダでLDKと離れの和室をつなぎ、LDの開口を大きく開くことで、ベランダもリビングの一部に。ちょうど真下となる位置にガラスの壁を用いた土間玄関をつくり、1階にも、家の内外に一体感をもたらす場を設けました。

この家を設計したのは、建主であり建築家でもあるMさん夫妻。施工については、行き来しやすい近くの会社を探し、「暮らしやすさに配慮するなど、まじめな姿勢が決め手に」と、地元で設計・施工を行う宝建設に依頼しました。

社長の佐藤治正氏は、「建築家が設計した家を手掛けるのは技術に磨きがかかります。M邸はガルバリウムの横張りや床の断面を見せる仕上げが多く、細かな作業の連続。天井まである建具も造作なので、レールを埋め込むなど使いやすさと見た目の美しさに配慮しました」と、施工当時を振り返ります。

夫妻は、「大変だったと思いますが、職人さんが優秀でよかったです。それに、相談したいときにすぐ来てもらえるのも地元ならでは」と、近くの工務店に依頼する魅力を実感したそうです。

無機質なガルバリウム鋼板と木質の玄関扉などの対比が印象的です。ガルバリウム鋼板は手折りしたもの。

ベランダでつながる和室の外壁は板張りに

ベランダは半屋内的なアウターリビングにしています。

家の内外が一体化する心地よいリビング・ダイニング

1
2

1.オーク材を張った無垢床や造作収納で木の温もりに包まれたLD。ベランダ側の大きな掃き出し窓が家の内外に一体感をもたらし、一日中景色を楽しめる空間に。

2.「縁側のようにくつろぎたい」と、窓辺にベンチ兼収納を造作しました。

屋根形状を生かした天井高約7.3m の大空間。掃き出し窓や天窓、高窓から自然光がたっぷり入って明るいです。

Checkpoint

神奈川・川崎市 Mさんの家 夫40代 妻40代

DATA

敷地面積/162.93㎡(49.37坪)
延床面積

90.83㎡(27.52坪)
1階/49.21㎡(14.91坪)
2階/41.62㎡(12.61坪)


用途地域/第1種中高層住居専用地域
建ぺい率/60%
容積率/180%
構造/木造軸組工法
本体工事費
竣工/2017年3月

INSTRUMENTS

キッチン/オリジナル
窓・サッシ/ LIXIL
LDの照明器具/パナソニック

施工実例別
キーワード
シンプルモダン
デッキ

工務店プロフィール

社名:宝建設

所在地:神奈川

建築エリア:川崎、横浜、東京城南地区、神奈川県湘南地区

ひとこと:高気密・高断熱、地下室付き、賃貸併用も対応します。

優れた設計・デザイン、施工力による家づくり

宝建設は、代表以下社員全員が、設計事務所または住宅作家アトリエの勤務経験を持ち、豊かなデザイン・設計力に定評があります。もちろん、構造や断熱性能など、工務店としての施工力も十分。さらなる設計力や施工力に磨きをかけるため、日々切磋琢磨しています。
また、建具や収納などは既製品をなるべく使わず、「職人の手づくり住宅」を目指しているのも特徴です。最近では、Q 値(熱損失係数)が0.4以下という気密性の高い住宅も手掛けてます。

宝建設

資料請求をした人には、会社案内(右)のほか、近年の代表的な施工例集を送付しています。

  • ●社名/宝建設
  • ●代表/佐藤治正
  • ●住所/〒216-0033 神奈川県川崎市宮前区宮崎150
  • ●電話/044・877・3861
  • ●年間建築棟数/新築7棟
  • ●設立/1970年4月

佐藤治正

日本大学建築工学科を卒業後、INA新建築研究所などの経験を経て宝建設に入社。現在、同社代表取締役社長を務めています。

この工務店のホームページを見る

  • B!