お宅拝見

HKHK

自然素材をふんだんに使った、切妻屋根のかわいい家

OUTSIDE

妻の実家の敷地に家を建てることになったOさん夫妻。建築家が設計した実家で育った妻は、娘にもそんな体験をさせたいと考え、プロデュース会社ザ・ハウスに相談。数ある建築家の中から、遊び心のある空間づくりを気に入った、こぢこぢ一級建築士事務所の小嶋良一さんに設計を依頼しました。

完成した家は、切妻屋根のシンプルな外観と庭を緩やかに囲う木柵やパーゴラが印象的なモダンな家。自然素材で仕上げた内部には無垢材で製作されたテーブルや本棚、ハシゴなどがちりばめられ、楽しさと居心地のよさを感じます。

DINING

建物は箱型で、1階にLDK、2階に個室というシンプルな構成ですが、ダイニング上部の吹き抜けで各室がつながっています。

「足の裏が気持ちいい」(妻)という床は、オーク無垢材。「節や色ムラのあるものを選んでいるので、傷や汚れを気にせず暮らせます。幅広のフローリングは、気持ちをゆったりさせる効果も」と小嶋さん。正面の扉はフランス製のアンティークで、アンティーク建材を扱うショップ「パイングレイン」で購入しました。

ひとり時間を楽しめる、心地よい場所が随所に

DINING

料理好きの妻が「起きている間はほとんどの時間を過ごす」というキッチンからの眺め。庭の緑が四季の移ろいを感じさせ、南側の母屋とも絶妙な距離感。右手には図書室の壁も見えます。

LIBRARY

南側には、建物から張り出す形でOさん夫妻が要望した図書室や、パーゴラのあるテラスを設置。図書室の床もオークで、天井は構造材を表しに。構造材を生かした天井が落ち着いた雰囲気です。壁一面の本棚もオーク無垢材で製作しました。

TERRACE

ダイニングの窓から行き来できる、パーゴラ(ぶどう棚)のあるテラス。床には岐阜の関ヶ原で仕入れてた天然石を使用し、テーブルはパーゴラと同じグリーンハート材で製作しました。

DININGテラスとつながるダイニング。オーク無垢材のテーブルはQUALI家具工房で製作。ラタンのランプシェードも味わい深いです。

キャットウォークなどの遊び心のある空間づくり

CATWALK

ダイニング上部にはハシゴでつながるキャットウォークがあり、長女のお気に入りスペースになっています。このキャットウォークは上部の窓の開閉にも利用でき、黒皮仕上げのスチールの手すりもいい味を出しています。

KOMADO吹き抜けの小窓は子ども室ともつながる、家族の気配を感じられる仕掛け。

KITCHEN

吹き抜けのダイニングや落ち着いた雰囲気のリビングとつながるキッチン。北側の借景の緑を望む小窓も設けられ、風通しも抜群。

MATERIALダイニング側から見えるキッチン背部の収納は家具工事で製作。キッチンの側面は白いタイルで仕上げました。ニッチにも遊び心が感じられます。

自然素材の気持ちよさを実感する日々

LIVING

床はオーク無垢材の幅広フローリング、壁は珪藻土で仕上げられたO邸。リビングや図書室の本棚、キッチン収納、テーブルなど、ほとんどの家具が無垢材で製作されているのも大きな特徴ですが、ほかにもテラス床の天然石や外壁のレンガタイルなど、家全体に自然な質感を持つ素材が巧みに組み合わされています。

STORAGE

リビング壁面に設置した大きな収納もすべてオーク無垢材で製作。1枚だけ扉を付けて適度に隠せるようにしました。

MATERIAL

LDKや図書室の壁には珪藻土を使用。「ニオイがこもらないし、湿気も感じません」(妻)と快適さを実感。ソファも経年変化するデニム地のものを選びました。

「当初は『自然素材の何がいいの?』と思っていたのですが(笑)、住んでみて肌触りのよさを実感。家が呼吸している、一緒に生きていると感じられたのは、人生が変わるくらいの出来事でした」と妻。同じく自然素材に興味がなかった夫も、「この床や家具が古くなって、味わいを増していくのが楽しみ」といいます。

設計/こぢこぢ一級建築士事務所
プロデュース/ザ・ハウス
取材/松浦美紀
撮影/花岡慎一、林 紘輝(本誌)、水谷綾子
※情報は「住まいの設計2018.09月号」取材時のものです

  • B!