収納術

サエキサエキ

狭いキッチンが使いやすくなる!見直したいのはココでした

狭いキッチンなので料理の時間が楽しくない、もっと広くて便利なキッチンだったらよかったのに…。そんなふうに不満を抱えている方、いませんか?

インテリアブログを主宰するサエキさんのご自宅も、「リビングとつながるカウンターキッチンで、キッチン部分が狭いことが悩み」だったそう。工夫を重ねてお気に入りのキッチンを手に入れたサエキさんに、狭いキッチンを使いやすくする10のポイントを教えてもらいました。

狭さ克服のコツは収納の工夫にあり

ポイント1:食器棚は小さく、背の低いものを

食器棚

もともとの広さはリフォームでもしない限り変えることはできないので、少しでも広く感じられるような家具を使うのがポイント。圧迫感を感じさせないように背の低いもの、壁の色に溶け込むカラー、そして小ぶりのものがおすすめです。

 

ポイント2:食器はお気に入りだけに絞る

小さい食器棚を使うので必然的にそうなるのですが、所持する食器も厳選する必要があります。欲しい食器があればまずしまう場所があるか考えて、なければ古いものを処分。収納スペースをつくることができたら購入する癖をつけ、食器棚から食器があふれないように気をつけます。

 

ポイント3:置く場所を工夫する

食器棚

食器棚の中を、ムダな空きを残さないように、うまく収納するための工夫も必要です。100均のカゴや木材などを使って保管スペースを確保。迷路のようになりますが、食器棚の中で定位置を決めてしまうと良いです。

ポイント4:場所をとらない水切りカゴを使う

食器かご

以前は、ステンレス製の水切りカゴを使っていましたが、それだとシンクの1/3ぐらいが塞がれていました。洗った食器はたくさん置けますが、やっぱり見た目が狭くなってしまいます。

思いきってスリムなカゴに変えてみたところ、広々感じられて作業もしやすくなりました。

使わないときは片付けられるアイテムを選ぶ

ポイント5:トレイで食器を乾かす

珪藻土のトレイ

水切りカゴをスリムなものに変えたことで、少し不便を感じることもあります。というわけで、洗いものを乾かすために、珪藻土の小さなトレーを併用することにしました。

普段は壁に立てかけておいて、食器を洗うときだけ出せるので無駄なスペースを使いません。

 

ポイント6:折り畳み式で場所をとらないレンジガード

オイルガード

炒め物をするときのオイルガードは、「使うときだけレンジガード」というアイテムを使っています。必要がないときは折りたたんで立てかけておくのでスペースをとらず、コンロまわりもすっきり広々。食器用洗剤で洗えるところも気に入っています。

 

ポイント7:生ゴミを入れる三角コーナーは不要

キッチンマルチスタンド

三角コーナーといわれる野菜くずや生ゴミを入れるカゴは使うのをやめました。その代わり、100均・キャンドゥで購入した「キッチンマルチスタンド」にビニール袋をかけてゴミ入れに。使わないときはたたんでしまっておけるので便利です。

ポイント8:ゴミ箱もできるだけ収納する

狭いキッチンでは、ゴミ箱の置き場も悩むところ。わが家では、ビン・缶・ペットボトルのゴミ箱は、コンロ下の引き出し内に収納しています。ゴミを引き出しの中に入れるため、使い終わって洗ったあと、完璧に乾かしてからゴミ箱に入れるように。乾きにくい缶は、キッチンの窓辺など少しでも日の当たるところに置いておくと、半日くらいで乾きます。

冷蔵庫で保管できるものは冷蔵庫へ

ポイント9:ステンレスマグの定位置は冷蔵庫内

ステンレスマグ

冷たいお茶や水などを飲むために使うステンレスマグ。食器棚の中はスペースが限られているため、わが家では冷蔵庫を定位置に。おかげで、いつでも冷えた状態で使うことができます。

 

ポイント10:お米は野菜室で管理

かさばって置き場に困りがちなお米は、密閉容器に入れ、野菜室で保管。冷蔵庫保存が可能なものは、庫内に片付けてしまうようにしています。

狭いキッチンでも工夫をすれば、思ったよりも広々使うことができます。便利アイテムや収納アイデアを駆使して狭さを克服!お気に入りのキッチンに近づけてみませんか?

  • B!