家事

秋山悠紀秋山悠紀

レンジフードは「電子レンジだけで作る料理」!? 10代の4割が勘違い

キッチンの換気時に使用する設備、レンジフード。キッチンの印象を左右する重要なアイテムとして、デザインにこだわる人も多くなってきました。

ところが、このレンジフードのことを10代の約4割は「電子レンジだけで作れる料理」と思っているとか。レンジフードのリーディングカンパニー・富士工業が行った調査結果をご紹介します(10~80代の男女800人が対象)。

レンジフード?換気扇?どっちで呼ぶ

調査ではまず、家にあるさまざまな空間やモノの呼び方について年代ごとに聞きました。

キッチン

食事を作る場所に関しては、どの年代も「キッチン」派が7割前後、「台所」が3割前後と大差ない結果に。若い世代も「台所」と呼ぶ人が少なくないことは、少し意外です。

ダイニングテーブル

また食事をする台に関しては、「テーブル」と呼んでいる人が最も多かったのが81%となった40代。10代~30代でも「食卓」派が3割弱いて、意外な多さとなりました。

 

レンジフード

次に図4の赤い矢印の呼び方を聞いたところ、10代では約9割が「換気扇」だったのに対し、年代が上がるごとに「換気扇」の割合が減っていき、「レンジフード」が追い上げてきました。70代においては「レンジフード」が半数を超えるなど、年齢が高いほど「レンジフード」という呼び方が浸透していることが分かりました。

 

「レンジフード」=電子レンジだけで作れる料理!?

レンジフード

kenji / PIXTA(ピクスタ)

キッチンやダイニングテーブルなどに比べて、年代による呼び方の違いが大きかった「レンジフード」。そこで、レンジフードの認知度についても聞きました。

すると「知っている」と回答した人の割合が最も少なかったのは10代で36%、続いて20代で41%でした。若年層では、そもそも「レンジフード」とは何かが分からない人も多いようです。一方で、60代以上の高年層では認知度が90%を超えており、認知度においても年代別で大きな差が生じました。

さらに「レンジフード」と聞いて思い浮かべるものについて調査。すると10代の約4割が「電子レンジだけで作れる料理」と回答しました。「(電子)レンジのフード(食べ物)」とイメージしている人が多いようです。
ほかにも10代~30代の15%前後の人が「電子レンジのカバー」と回答し、少数ですが「電子レンジを置く台」と回答した人も10代~40代で見られました。

リフォームを検討する高年層ほどレンジフードを知っている?

換気扇

「レンジフード」と「換気扇」の違いについては、どの年代でも「知らない」という回答が多くなりました。

レンジフードと換気扇(プロペラ式台所用換気扇)は、どちらもキッチンの加熱機器上方に設置され、調理時に発生する燃焼ガスや油煙、水蒸気、ニオイなどを捕集して屋外に排出する換気設備です。

レンジフードはダクト(風導管)を通して屋外に排出するのに対し、換気扇は吸い込んだ空気を直接屋外に排出します。またレンジフードはダクトによって壁から離れた場所にも設置できるほか、空気を外に追い出す力が強く、抵抗に強いため安定した排気風量を保つことができます。

キッチン

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

ちなみに30歳の筆者自身も「レンジフード」ではなく「換気扇」と呼んでいます。実家の母がそう呼んでいたため「換気扇」という言葉のほうが、耳馴染みがあるからだと思います。しかし先日、母にどう呼んでいるのかを改めて聞いてみたところ、今は「レンジフード」と呼んでいることが判明。

実家では数年前に、キッチンの全面的なリフォームをしました。今では換気扇ではなく、薄型の最新式レンジフードとなっています。おそらく、両親がショールームに行ったりキッチン設備を調べたりしたなかで「レンジフード」という言葉へと呼称がアップデートされたのでしょう。
今回の調査でも「レンジフード」という呼び方が高年層ほど多かったのは、子どもが独立して家のリフォームや引越し等によって住まいの変化を経験したからではないかと思いました。

新しく登場したカタカナ用語や横文字は、若年層ほど知っていて高年層が教えてもらうことが多いもの。しかしレンジフードについては、その逆転が起こっていることが今回の調査結果で分かりました。
皆さんもお子さんなどに「レンジフードって何だと思う?」と聞いてみると、面白い回答が得られるかもしれませんね。

 

【参考】
2月10日はレンジフードの日!「レンジフードに関する調査」を実施

  • B!