暮らしのコツ

よしママよしママ

部屋干しのクサいを防ぐ!残り湯や除湿機はどう使う?

部屋干しをすると部屋中がクサい!こんな経験ありませんか?

「実は衣類だけでなく、洗濯槽や除湿器からもニオイが発生…。原因を知ることで衣類や部屋のニオイを減らせます」と話すのは、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさん。当てはまる点がないかチェックして、洗濯・掃除方法を見直しましょう。

室内干しの例

その1:残り湯洗濯を見直す

わが家でも、残り湯洗濯を長年続けていますが、洗ったあとの洗濯物が少しニオイやすいと実感しています。やはり、きれいな水道水で洗うと洗いあがりがサッパリします。

お風呂上がりに風呂水清浄剤を入れる

残り湯をそのまま使いたい場合は、お風呂あがりに風呂水清浄剤を使用してから洗濯することをおすすめします。残り湯の雑菌を抑えて水をきれいにする効果があるので、洗濯後のニオイがなくなりました。

その2:洗剤を見直す

抗菌効果のある洗濯用洗剤

部屋干し専用の洗剤は抗菌タイプのものがほとんど。洗剤を選ぶときは「室内干し」「除菌」「抗菌」「防臭」などと書かれているものを選びましょう。酵素や除菌剤が含まれていて、部屋干しをしても生乾き臭を抑えてくれます。防臭効果が長続きするものなら、干している間や着ている間についたニオイも防げます。

衣類用・酸素系漂白剤

また、衣類に皮脂汚れや汗などの汚れが残っていると、どうしても、部屋干し特有の生乾きのニオイがします。普段の洗剤に酸素系漂白剤をプラスして洗濯すると、汚れやニオイがスッキリ取れやすいです。洗濯槽も汚れにくくなるので一石二鳥。

その3:洗濯槽の掃除をする

洗濯層の掃除

洗濯槽の掃除は定期的に行います。酸素系漂白剤でつけ置きする「オキシ漬け」も有効。つけ置きとすすぎにぬるま湯を使用すると、汚れがたくさん浮き上がります。つけ置き後は洗濯槽がピカピカになり、ニオイがなくなっています。ドラム式の場合は、糸くずフィルターや乾燥フィルターの汚れも取り除きましょう。

その4:除湿器も原因のひとつ

衣類乾燥除湿器の内部

わが家の部屋のクサさは、衣類乾燥除湿器のカビが原因でした。除湿器を分解して内部の冷却部分を見るとカビだらけに…。

カビを発生させないためにも、除湿器を使用したあとは「送風」ボタンを押して30分から1時間しっかり乾燥させます。長期間使わずにしまう場合も同様。取扱説明書に従って内部の乾燥をしっかり行いましょう。

除湿後の水をためるタンクも定期的に掃除を。ヌメリやカビが生えやすいので、こまめに掃除して乾かします。

春の花粉シーズンから梅雨の時期へと、部屋干しする機会が増えるお宅も多いのでは?気持ちよく洗濯物を仕上げるために、ニオイのもとを徹底的につぶしましょう。

  • B!