1. トップ
  2. 暮らし
  3. 住まい
  4. 地元で評判の工務店で建てたデザインハウス
  5. 工務店施工実例
  6. 吹き抜けの空間を満たす、無垢の木の香りと温もり

吹き抜けの空間を満たす、無垢の木の香りと温もり

設計・施工/縁 創建工房(2020年M邸)(所在地:大阪府)

撮影/芥子富吉

圧倒的な存在感の丸太梁に惹かれて「縁 創建工房」を選んだMさん夫妻。
自然素材をふんだんに使った家をつくりたいという思いは、ふたりが趣味で集めてきた古家具が映える空間として結実しました。

LDKは、吹き抜けの開放的な大空間として設計しました。
松の丸太梁とともに8寸角の檜の大黒柱が家族を見守ります。「無垢の床材を含めて、木の香りに癒やされているような気がします」と夫。

お気に入りの家具が似合う、自然素材の家

和家具を中心にヴィンテージ感のあるインテリアが好きだというMさん夫妻は、「自分たちの趣味に合った家が欲しい」と新築を決意しました。当初は専門知識もなく漠然と情報収集をしていましたが、「縁 創建工房」と出合って家づくりの方向性が定まったと夫は振り返ります。

「完成見学会のお宅に入った瞬間、心地よい木の香りに包まれ、リビングに入るとズドーンと走る丸太梁が目に飛び込んできて、一気に心を奪われました。そこから創建工房さんの家づくりの勉強会『寺子屋』に通い、無垢の木の家が建てたいと思ったんです」

同社の協力で見つけた土地は、住宅密集地としては広めの約45坪。そのゆとりを生かしてLDKは吹き抜けに。松の丸太梁を見せるプランを実現するとともに、「モデルハウスで見て入れたいと思いました」(夫)という、8寸角の檜の大黒柱を採用。無垢材の床や、紙クロスのオガファーザーの壁とも相まって、夫妻のお気に入りの古家具や真鍮製品などとも調和し、経年変化が楽しめる空間に仕上がっています。

また、LDKにベンチ代わりになる階段や畳コーナーを設けるなど、ソファを置かず空間を最大限に生かすアイデアも取り入れました。

家族のコミュニケーションを重視してLDK の中央部に階段を配置。テレビを見る際の腰掛けとしても機能します。檜の床は木の表情が楽しめる節ありタイプ。

ベンチ感覚で使える畳コーナーをリビングスペースに併設。下は収納として活用しています。
外のウッドデッキとはフラットに接続します。

1
2

1.リビングスペースの真ん中に配置した階段はベンチのようにも使えます。
階段下に置いている座卓は、パソコンカウンターをつくった残りの材で作成したもの。夫が仕事スペースとして活用しています。
2.階段は「見せる」ことも意識して美しい檜材を使用し、スケルトンに仕上げています。
当初は子どもの安全への配慮も考えましたが、見栄えを意識してあえて手すりやネットは設置していません。

お気に入りの古家具が馴染むキッチン!

3
4

3.キッチンの背後に夫妻のお気に入りの古家具がぴったり収まるようにスペースを確保。レトロな食器棚が2つ並ぶ奥には、夫妻の家具のテイストに合わせてキッチン家電収納カウンターを造作しました。
4.キッチンは妻が選んだオールステンレス製。床は水に強いクリにしました。

湯、水を分けた単水栓や実験用シンクなど、夫妻のこだわりを取り入れて造作した洗面台。
壁一面にオープン棚を造り付けました。その下の踏み台は、夫が床板の端材で自作。壁には調湿性に優れた薩摩中霧島壁を採用しています。

1階トイレも洗面室同様にヘリンボーン柄のクッションフロアを使用。真鍮のペーパーホルダーは施主からの支給です。

玄関は上がり框に対して式台を直角に配置し、リズミカルな印象に。
Jパネルで下駄箱を造作し、余った材を利用して飾り棚を夫が手づくりしました。コート掛けも夫の作品です。

勾配天井が開放感をもたらす寝室は、モケットグリーンのソファやアイアンのハンガーラックなど、夫妻のお気に入りの家具が馴染みます。

子ども室。今は1つの大空間ですが、将来2室に分割もできます。
2階の天井はすべて少し明るめのクロス、床はやわらかな足触りの杉を採用。

暗めの外壁と木製ルーバーでメリハリも

5
6

5. レトロ調のブラケットを設置したポーチ。レッドシダーの軒天や木質の玄関扉が温もりを感じさせます。
6.切妻屋根のシンプルなたたずまい。外壁の色は夫の希望で淡い墨色にしました。
道路側の開口部を最小限にして、目隠しを兼ねた木製ルーバーでデザインに変化をつけています。

Checkpoint

インテリアとして美しい丸太梁を見せます!

「太い丸太梁をいつも見ながら暮らしたい」という夫妻の希望に応えるため、1階に配置したLDK は2層分の吹き抜けにした勾配天井のプランを採用。頭上に渡された力強く美しい丸太梁は空間デザインの要にもなっています。「本当に存在感がありますし、ずっと見ていても飽きることがありません」と夫。厚みがある壁面の杉の見せ梁とともに、構造材にこだわった家であることを象徴します。

大阪・寝屋川市 Mさんの家 家族構成/夫34歳 妻34歳 長男5歳

DATA

敷地面積/149.82㎡(45.40坪)
延床面積

102.06㎡(30.93坪)
1階/62.37㎡(18.90坪)
2階/39.69㎡(12.03坪)


用途地域/第1種中高層住居専用地域
建ぺい率/60%
容積率/166%
構造/木造軸組工法
本体工事費/2400万円
竣工/2019年2月

INSTRUMENTS

厨房機器/クリナップ
衛生機器/タカラスタンダード、TOTO
窓・サッシ/YKK AP

工務店プロフィール

社名:縁 創建工房

所在地:大阪府

建築エリア:大阪府北部、京都府南部、奈良県北部、兵庫県の一部

ひとこと:家づくりで失敗しない方法をお伝えしていきます。

理想的な家をかなえる、国産無垢材と職人の技

「地元に木の家を建てる」を理念に掲げ、現場を熟知した大工出身の社長を中心に、複数の協力業者とのワンチームで家づくりに臨んでいます。構造材には強靭な紀州産の檜や杉、床や造作にも国産無垢材をふんだんに使用。羊毛の断熱材や炭の防蟻剤など見えない部分まで素材にこだわり、「家族が健康的に暮らせる家」を徹底。「ご縁のある方に家づくりで失敗させない」と、資金計画や土地探しなど必要な知識全般を事前に伝える「寺子屋勉強会」も開いています。

縁 創建工房(2020年M邸)

シラスそとん壁とウィルウォールを使ったモデルハウス。室内では木の風合いが体感できます。

  • ●社名/縁 創建工房(2020年M邸)
  • ●代表/松藤慎二郎
  • ●住所/〒572-0824 大阪府寝屋川市萱島東3-18-8
  • ●電話/072・814・7207
  • ●年間建築棟数/新築16棟、リフォーム70棟
  • ●設立/2000年11月

松藤慎二郎

下請け大工として働いたのち、健康的で長く暮らせる独自の家づくりを決意して創業。長期優良住宅などにも対応しています。

この工務店のホームページを見る

スタイル別
キーワード
ナチュラル
吹き抜け
自然素材の家
  • B!