収納術

beachmamabeachmama

子供の作品にピッタリの収納グッズを紹介。見返しもしやすい

新年度になったのに、年度末に子どもが学校から持ち帰ってきた作品が、いまだ整理しきれていない…。そんな家庭も多いのでは。

大切に保管したいけれど、大小さまざまな作品をスッキリ収納するのはなかなか難しいもの。SNSで家づくりやお掃除術などの情報を発信しているbeachmamaさんに、子どもの作品を収めるのに便利な収納グッズを教えてもらいました

使いやすい作品収納ケースを検討

子どもが描いた作品

子供の作品は、絵の描き方や色の使い方などから、身体的な成長以外にも我が子の成長をたくさん感じられる大切なもの。すべての作品を残すのは難しくても、なるべく残しておきたいと思ったので、まずはサイズがバラバラな作品が入る作品収納ケースを探しました。

作品収納ケースを選ぶ時のポイント

・四つ切り画用がそのまま入るサイズ
・1~2年分の作品が入る容量
・シンプルなデザイン

子供たちが通っていた幼稚園は大きめの画用紙を使って絵を書くことが多かったので、四つ切り画用紙がそのまま入るサイズで、あとで見返しやすいように、1年~2年分の作品を保管できそうなものを探しました。

使い勝手、サイズ感、デザインが理想的な作品収納ケース

段ボール製の作品収納ケース

今、我が家で作品収納に使用しているのは、アーテックというメーカーの段ボール製の作品収納ケースです。軽くて持ち運びやすく、出し入れもしやすいシンプルなケースです。

持ち手付きなので、移動も楽な収納ケース

持ち手付きなので、移動も楽です。高い場所に収納していても持ち手があることで、取り出す時に手から滑り落ちることもありません。

マジックテープが付いている収納ケース

マジックテープがついていますので、しっかりと閉じることができます。まだ通学時に使わせたことはありませんが、バッグタイプなので夏休みの作品などを入れて学校に持っていくこともできそうです。

1年分の作品をきれいに収納

ケースに一年分の作品を収納

作品収納ケースの厚さは2㎝ですので、小さい作品から大きな作品まで、ちょうど1年間で作った作品がケース1つにほとんど入りました。幼稚園は作品づくりの機会も多いので1年間で1個ですが、小学生の娘はまだまだ余裕があります。

思い切って処分することも必要

子どもの作品を収納

残す作品だけでなく、処分する作品もやはり出てきてしまいます。

我が家ではなるべくこのケースに入る作品をメインに残すようにしていますので、立体的な作品などは、しばらく飾ってから子供と相談して処分することが多いです。

なかなか捨てにくいという場合は、写真に撮ってコメントを添えてアルバムに保管する、というのもひとつの保管方法だと思います。

子供が作ったものは手放しにくく感じますが、しっかりと残すものと処分するものに分けて、見返しやすいように収納することが、長く大切に保管しておくポイントかと思います。

  • B!