家事

KumikoKumiko

不用のヨーグルト容器のフタや紙袋で!冷蔵庫内の汚れを防ぐワザ

常にキレイにしておきたいキッチン。汚れをためて落としにくくなる前に日々の小掃除が有効、というのは近年家事の新常識として浸透していますが、簡単じゃないとなかなか続かないもの。

ラクしてキレイを保つために、本来捨てるものを使って冷蔵庫内を清潔に保つための簡単なアイデアを調理師免許を持つライターのKumikoさんに教えてもらいました。

紙袋が冷蔵庫ポケットにフィット!

ファッション系の紙袋

ファッション系の紙袋は、紙が上質でオシャレですが、大きい割にマチの幅が狭いため再利用の出番がなかなかありません。

紙袋の上下をカット

ある時ふと、丈夫でマチ幅の狭い紙袋を冷蔵庫内で使うことをひらめきました。試しに紙袋の上下をカットし、冷蔵庫ポケットの高さに合わせて底へ折り込んでみました。

冷蔵庫ポケットの高さに合わせて、折り込んだ紙袋

同時に冷蔵庫ポケットを空にしておきます。この時ついで掃除が出来ればベスト。

カラにした冷蔵庫ポケット

この紙袋ポケットを冷蔵庫ポケットに入れて食材を収納すれば終了です。

冷蔵庫ポケットに折り込んだ紙袋をセット

冷蔵庫ポケットと紙袋のマチの奥行を合わせるのがコツ

冷蔵庫ポケットと紙袋のマチの奥行をできるだけ合わせるとズレません。

汚れ防止だけじゃない。紙袋ポケットのメリット

実は冷蔵庫ポケットに関しては、以前からラップやキッチンペーパーを使って汚れを予防してきましたが成果は今ひとつでした。

一方、紙袋にはたくさんのメリットを感じました。まず、汚れたら気軽に交換できます。また、残り少ないマヨネーズといった、チューブ入り調味料の転倒防止に役立つので、迷子がなくなり、二重買い防止にもつながります。

冷蔵庫ポケットの幅より少し短めの紙袋だったので、わが家の場合、自然に仕切りができ、倒れて行方不明になりやすい開封済の乾物置き場もできました。

冷蔵庫ポケットにセットした紙袋は調味料の転倒防止にも。

ヨーグルト容器のフタは使い捨てトレーに

ヨーグルト容器の再利用法が近年注目されていますが、筆者は本体ではなくもっぱらフタを再利用しています。

ヨーグルト容器のフタ

まず、水分や油の多いビン類の液だれ防止の受け皿に使い始めました。

ヨーグルトのフタを液だれ防止の受け皿に活用

また、食材の一時置き場としても活躍。ゆで卵を置いたり、小分けした冷凍肉や魚を置いて解凍する時にも便利です。

ヨーグルト容器のフタを食品の一時ストック置き場に活用

ゆで卵は4つまで置けます。鯖の切り身はぴったりフィット

調理の仕上げに使う薬味などの一時置きにも便利です。捨てるものでサッとできるキッチンの汚れ予防。今日から取り入れてみませんか。

  • B!