暮らしのコツ

内野 チエ内野 チエ

遺族年金の基礎知識。受給額は?子どもは何歳までもらえる?

交通事故

PIXTA(ピクスタ)

稼ぎ手が亡くなったとき、これからどのようにして生計をたてればよいのか不安になります。そんなときに大きな助けとなるのが遺族年金です。

今までに1万5000件近い相続相談に対処してきた相続実務士の曽根恵子さんに遺族年金の仕組み、受給金額の目安、申請方法など、気になる情報を伺いました。

遺族年金とは?

遺族年金は、家計を支えていた世帯主が亡くなったときに支給される年金のことです。パートナーを失うということは大きなショックです。特に専業主婦の場合、大切な人を失った悲しみに加えて、経済的な不安も抱えることになります。

遺族年金は、そうした不安を支えるための救済策。稼ぎ手を失った家族が安心して生活を維持できるように、それぞれの受給資格ごとに給付金を受け取ることができます。

どんな人が受給できるの?

遺族年金は、国民年金、または厚生年金・共済年金に付随する制度であり、年金に加入していることが前提です。また、遺族年金をもらうには、原則として、遺族の前年の年収が850万円未満であることが要件になっています。

遺族年金には「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」があり、国民年金加入者は「遺族基礎年金」のみ、厚生年金加入者は両方の年金を受け取ることができます。

受給対象は、「遺族基礎年金」では18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子(障害等級1級・2級がある場合は20歳未満の子)、あるいはその子を持つ故人の配偶者となっています。
「遺族厚生年金」の方は、妻や子、孫、55歳以上の夫、父母、祖父母が該当します。

親子

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

受給額の目安は?

遺族基礎年金は、子どもの人数が増えるに従って基本額に加算額がプラスされる仕組みで、子どもが多いと受給できる金額が増えます。
受給できるのは「18歳到達年度の末日(3月31日)まで」とあるように、一般的に子どもが高校を卒業するまで遺族基礎年金を受け取ることができます。

遺族基礎年金の配偶者の受給金額は、子ども1人で約100万円、2人で約120万円、3人で約130万円となります。
子育てがひと段落する頃まで受給できる仕組みになっているなので、子育て世帯にとっては何かと心強いですね。

年金手帳

stpure / PIXTA(ピクスタ)

遺族年金の申請方法は?

遺族年金を受け取るには、手続きが必要です。
配偶者が亡くなったら、市区町村役場または年金事務所に遺族年金の請求書を提出します。手続きには年金請求書のほか、年金手帳、死亡診断書のコピー、戸籍謄本などが必要になります。

請求書を提出すると約1〜2か月程度で年金証書や年金決定通知書が送付され、支給が開始すると指定した振込み先に偶数月の15日に入金が行われるようになります。

万一、申請を忘れてしまったり、時間が空いてしまっても、5年以内に手続きを行えば年金を受け取ることができますが、きっちり年金を受け取れるように、申請は早めに行うようにしましょう。

年金事務所

KA-HIRO / PIXTA(ピクスタ)

年金の受給などは自分で申請しなければならないため、必要な制度をもれなく利用できるようにしっかり情報を集めておきたいものです。
曽根さんが監修した『新相続法対応 図解 身内が亡くなった後の手続きがすべてわかる本』では、寡婦年金や死亡一時金、児童扶養手当など、ケースごとにもらえる給付金についても紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

参考/『新相続法対応 図解 身内が亡くなった後の手続きがすべてわかる本』(扶桑社刊)

  • B!