暮らしのコツ

naokonaoko

コロナ対策に100均のタッチペンが大活躍。いろんな場面で使えます

キャンドゥのタッチペン

エレベーターのボタン、コンビニのレジ、スーパーでのチャージ、宅配のサイン、銀行ATMなど、最近はタッチパネルを使う場面が増えています。

ライターのnaokoさんは、新型コロナウイルス対策のためにキャンドゥでタッチペンを購入して、想像以上に大活躍しているそうです。詳しくお話を聞いてみました。

クリップ付きでペン先が太いものをチョイス

クリップ付きのタッチペンをつけたバッグ

キャンドゥには数種類のタッチペンがあって迷ったのですが、イラストなどを書くわけではないので、できるだけ普段使いしやすそうなものを選びました。

購入の決め手は「バッグに付けられるようにクリップがついたもの」「子どもでも安心して扱えるようにペン先が太いもの」。写真のようにバッグに付けて持ち歩いています。

タッチペンの方が指よりしっかりとタッチできる!?

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

そもそもタッチペンを買おうと思ったのはATMに行く前でした。家計節約の大きなポイントとして、日頃から月に1日しかATMを利用しないことにしています。

1日しか利用しないからこそ通帳記入やお金の移動などで銀行や郵便局をはしごするのですが、そのたびに何度も画面を押すことになります。これまで当たり前にやっていたことが、こんなに怖く感じるなんて…。

そこで、ATMに行く前に100均に寄ってみたというわけです。

タッチペンの使い心地はというと、抜群に良かったです。指で操作しているのと変わりません。スポンジのようなペン先なので滑らないし、むしろ指よりしっかりとタッチしてくれているような感じさえします。もっと早く買っておけば良かったと後悔したほどです。

エレベーターのボタンも安心して押せる

エレベータのボタンを押すタッチペン

毎日のように使うエレベータでもタッチペンは大活躍です。マンションのエレベーターは不特定多数の人が使うので気をつけたいところ。

タッチペンを買ってからは子どももペンでボタンを押すという非日常感が面白いのか、指でついつい押す、ということがなくなりました。

パストリーゼで除菌

使ったあとはこまめに除菌することも大切。こちらは詰め替え用のボトルですが、普段はスプレーに入れ替えて持ち歩いています。

外出時は、どうしてもタッチパネルに触れなくてはいけない場面がありますよね。そんな時の強い味方が110円で手に入るのですから、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

  • B!