家事

露重和子露重和子

献立と冷蔵庫内を家族にわかりやすくしたら、食事作りのストレスが激減

献立ボードで毎日の食事を管理

「ステイホーム」のため、食事が一日の一番の楽しみという声がちらほら。その陰で、毎日の食事作りにストレスを感じている人が増えています。
負担を減らすにはどうすればよいのでしょうか。整理収納アドバイザーの露重和子さんが実践している献立計画と、冷蔵庫の収納について教えてもらいました。

マグネットを使った献立ボードで計画を立てる

我が家の定番メニューをマグネットに貼り付けた献立ボードを活用して献立の計画を立ててから、買い出しに行くようにしています。献立ボードでメニューを「見える化」したことで、家族の「これが食べたい!」が聞き出しやすくなりました。献立に悩むストレスが減るだけでなく、食材の使い忘れを防ぐこともできます。

常温用、冷蔵用、お菓子・パン用で買い物バッグを分ける

買い物バッグは「常温用」「冷蔵用」「お菓子・パン用」に分けて持ち帰るようにしています。3つに分けておくことで、買い出し後の食材の収納もスムーズになります。
買い物バックは用途別に
買い物バッグの収納場所は、玄関の突っ張り棒に掛ける収納で、持ち出しを忘れないようにしています。

冷蔵庫収納は「定位置管理」で食材の使い忘れを防ぐ!

冷蔵庫収納は「定位置管理」で

どこに何を置くか決めること(定位置管理)で食材の使い忘れを防ぎます。
・1、2段目 常備している食材
・3段目 余った食材
・4段目 フリースペース
冷蔵庫の収納は透明の奥行きのあるケースで

常備している食材は、奥行のある透明のケースにしまっています。奥行きがあるので同じものを複数収納するのに便利。そのうえ透明なので、中に何が入っているのか分かりやすいのもメリットです。
「ごはんセット」と「パンセット」
朝食に使う、「ごはんセット」「パンセット」をそれぞれセットにすることで、朝食準備もスムーズになり、子どもたちも自分で準備してくれます。こちらも透明のケースを活用しています。

ドアポケットは便利な収納アイテムで有効活用

乾物類は透明の詰め替え容器に入れて管理
ドアポケットは、冷蔵庫の中でもモノを取り出しやすいので有効に活用したい場所です。ゴマや乾燥ワカメなどの乾物類は、透明の詰め替え容器にしまうことで、在庫管理も一目瞭然ですし、スペースも有効活用できます。

チューブ類はドアポケットに引っ掛け収納
ワサビなどのチューブ調味料は、ドアポケットに引っ掛けるアイテムを活用することで、収納力もアップ出来て、使い忘れも防げます。

ドアポケット用の仕切り
『ドアポケット用仕切り』を活用すれば、調味料も倒れません。

野菜室・冷凍室は「仕切る」「立てる」収納で見渡しやすく!

野菜室は仕切る、立てる収納で冷凍室も仕切る、立てる収納で!
野菜室・冷凍室はケースや、ブックエンドを活用して「仕切る」「立てる」収納にすることで、見渡しやすくなります。
食材が埋もれてしまい腐らせてしまったなんてことも防げます。

おうち時間が長い今、食事の時間は家族の笑顔、健康を支える大切な時間です。献立計画を立てたり、冷蔵庫を使いやすい仕組みにすることで、食事作りのストレスは軽くなります。

冷蔵庫が片付いていると、料理のモチベーションも上がりますし、家事シェアのハードルも下がります。食材の使い忘れも防げるので、節約にもつながり、いいことづくめ!見渡しやすい冷蔵庫を目指して、是非整理してみてくださいね。

  • B!