インテリア・雑貨

hanahana

調光スクリーン選びのポイント。「洗える」ことも意外に大事

カーテンの代わりに、ロールスクリーンを採用するお宅が少しずつ増えているそうです。

ハンターダグラスの調光ロールスクリーン「シルエットシェード」をLDKに設置しているライターのhanaさん。引っ越しから11年目に、こちらに買い替えて大正解だったと言います。その理由を教えてくれました。

洗えないロールスクリーンは、小さな子どもがいる家に向かない

家を建てた当初、LDKのある2階の窓にはシンプルなロールスクリーンを設置しました。当時上の子は1歳、数年後に産まれた下の子と共に、ロールスクリーンの中に隠れたり、引っ張って遊んだりとほぼおもちゃ状態の日々。

シンプルなロールスクリーンを設置

さらに、ダイニングテーブルが窓の近くにあったので、小さな子ども達が上手にすくえなかった食べ物が飛んで直撃したのか、11年経った頃には謎のシミが点在していました。

設置した後に知ったのですが、このロールスクリーンは洗うことができないタイプでした。

ロールスクリーンについたシミ

11年がすぎた頃、新しい調光ロールスクリーンに

住み始めて11年がすぎ、さすがにロールスクリーンで遊ぶことは皆無になったので、思いきって新しいシェードに買い替えました。

ハンターダグラスの調光ロールスクリーン

選んだのはハンターダグラスの調光ロールスクリーン「シルエットシェード」です。プライバシーを保ちつつ光を取り込めるこの商品は隣家が近い筆者宅には最良の選択でした。

更にこのシェードは、専門業者さんによるクリーニングも可能とのことなので、この先ずっと使えそうです。

リビングダイニング

ただ、洗えるとはいえ、子どもが小さい頃にこの繊細な造りのシェードを選択せず正解だったと考えています。そういった意味でも、最初から一生モノを選ばなくて良かったと感じています。

繊細な造りのシェード

調光ロールスクリーンのデメリット

ただし、デメリットもあります。調光ロールスクリーンには下に重心を持ってくるための金具が付いているので、窓を開けて風に当たるとそれなりの音が出ることがあります。静かな部屋でないとお昼寝ができないお子さんにはちょっとうるさく感じてしまうかもしれません。

調光ロールスクリーン

カーテン、ブラインド、ロールスクリーンなど様々なタイプのウィンドウトリートメントがありますが、一緒に住む家族の年齢や状況を考えながら選ぶと良いのではないかと思います。

※小さな子どもがいる家庭では、スクリーンのひもをまとめるなどして、子どもの手に触れることのないよう注意をしましょう

  • B!