インテリア・雑貨

タクミタクミ

テレビボードの幅は、テレビ両脇に「+10~30cm」を目安に

テレビボード選びは、意外に難しいもの。視聴しやすく、整った空間に見せる選び方のコツをインテリアコーディネーターのタクミさんに教えていただきました。

「きれいに見える」テレビとボードのバランス

使いやすいテレビボードのサイズ

テレビボードの幅は、テレビより大きいサイズにすることで安定感が生まれてバランスよく見えます。三角形の構図になるように、サイズ感を確認してみましょう。テレビの両サイド+10~30cm程度を目安に考えるとグッと使いやすいくなります。

不安定なテレビボード

もしテレビボードに余白がないと不安定で、掃除の際などもテレビにぶつかりやすくなります。

テレビのサイズに合ったテレビボードを

おすすめのテレビボードサイズ(32V、37V)

リビングに置くテレビのサイズは32型以上を選ぶご家庭が多くなりました。最近では、フルHDの倍の画素数を搭載した4Kモデルも人気です。画素数の高い4Kモデルであれば、テレビとの距離が近くても鮮明に視聴することが出来るのが特徴です。

液晶テレビは、視聴距離が短いと画面の粗さが気になってしまうので、コンパクトなお部屋に置く場合は種類も考慮してみましょう。テレビとの適切な距離は、【4K=画面の高さ×1.5倍】【フルHD=画面の高さ×3倍】とされています。

おすすめのテレビボードのサイズ

リビングをシアターのように使いたい方は55型や65型といった大画面のテレビを選ぶケースが多いようです。

目が疲れないテレビの高さとポイント

おすすめのテレビボードの高さ

多くの家庭で、テレビを見る環境は大きく分けて3種類。テレビを長時間楽しむためにも、こだわりたいのがテレビボードの高さです。

  • 「床に座って見る」40cm前後
  • 「ソファから見る」40~60cm前後
  • 「ダイニングテーブルから見る」60cm以上

映画館の最前列が見づらいのと同じで、目線が上だと見上げる形になり疲れてしまいますので注意が必要です。

インテリアの中ではあまり目立たないテレビボードですが、その存在感は意外に侮れません。ライフスタイルに合ったテレビボードを選んで、快適なテレビライフを楽しみましょう。

  • B!