暮らしのコツ

よしママよしママ

パンの袋が「生ゴミ入れ」に最強なワケ。三角コーナーにさようなら

調理中に出る生ゴミ、どこに捨てていますか?シンクの隅に三角コーナーがあると、ゴミ捨てには便利ですが、シンクが狭くなるうえにあとの処理も面倒です。

「三角コーナーを置かないわが家では、かわりにパンの入っていた袋をゴミ入れに使っています」と話すのは、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさん。

なぜパンの袋?その理由を教えてもらいました。

食パンの袋

袋にハリがあってめくると自立しやすい

自立しやすく安定感のある食パンの袋

袋の口を外側にクルクル折り曲げて、流しの上に吊り下げれば、便利な生ゴミ入れになります。チャック付きの袋などいろいろ試してみましたが、やっぱりパン袋がベスト!

買い物する時にもらえるミシン目ロールポリ袋は薄すぎますが、パン袋はある程度ハリがあるので、立体の形を作りやすいうえに、つぶれにくく、ある程度の高さもキープできる優れものです。

特に1斤の食パン袋はマチがあり広がりやすいので、安定感があります。たくさんゴミを入れる方にはオススメ。

口が大きくゴミが入れやすい

食パンの袋はゴミ袋に良いサイズ

ゴミから水滴がでるので、なるべく口は大きい方が入れやすいです 。ただあまり口が大きくてもニオイが上がってきやすいので、大きすぎず小さすぎないものがベスト。食パンやロールパンが複数入っている袋が、わが家にはちょうどよいサイズです。

長細いので口を縛りやすい

食パンの袋

ある程度長さがないと、ゴミを入れたあと縛りにくくなります。

口の部分が熱で留められていない食パン袋

長さがあっても食パン袋のように開けた時に口が破れてしまうタイプは、使いにくいです。口の部分が熱で留められていない食パン袋がオススメ。

ハリがありすぎる袋はゴミ袋に不向き

ハリがありすぎる袋も縛りにくいので、ゴミ袋には向きません。

厚くて頑丈でニオイもれがない

ニオイが通らない素材でできている食パン袋はゴミ袋に最適

パンはニオイを吸着しやすいので、ニオイが通らない素材の袋でできているようです。しっかり口を縛れば、中のゴミのニオイが外にもれてきません。またレジ袋より丈夫で破れにくいので、1日分のゴミがこぼれ落ちることがなく、捨てられます。

食パン袋を三角コーナー代わりに

とても便利で使いやすいパン袋。ほかにも、排水口のゴミ取りや、オムツを捨てたり、庭の雑草を抜いて入れたり、車内のゴミ袋としても利用できます。

今まで捨ててしまっていた方は、ぜひゴミ袋として利用してみてください。

※お住まいの地域で定められたルールに基づいて、ゴミを捨ててください

  • B!