収納術

beachmamabeachmama

バスタオルは洗濯機横に!マグネット収納で、サッと手に取れる

子どもが一人で入浴することが増えてきた、というライターのbeachmamaさん。子どもの手の届く場所にバスタオルがあるほうが便利だと感じ、洗濯機横のデッドスペースを使ってバスタオル収納を増やすことに。

その方法とメリットを詳しく教えてもらいました。便利アイテムで、洗濯機まわりは使い勝手の良い収納ゾーンに大変身しますよ。

バスタオルは足拭きマットから届く場所に置きたい

洗濯機周辺はデッドスペースが多くなりがち

入浴後は体が濡れた状態なので、体を拭くバスタオルは足拭きマットから届く場所にあると床が濡れません。

子どもと一緒に入浴していた時は、先に収納スペースからタオルを取り、準備してから入浴していましたが、子どもが一人で入浴するようになると、子どもの身長でも手が届く位置にバスタオル収納を作りたいと思うようになりました。

床置きの収納ラックを購入することも検討しましたが、床に物を置いていると掃除がしにくくなるので、床置きではなく簡単に取り付けできる収納アイテムを探し、見つけたのがマグネットを使ったラックでした。

洗濯機横のデッドスペースをマグネット収納で活用

洗濯機を利用したマグネット収納

洗濯機を利用したマグネット収納は、省スペースに使えるスリムタイプや大容量のラックなど、デッドスペースになりやすい洗濯機周辺を活用できるアイテムがたくさん発売されています。

最終的に我が家で使うことにしたのは、おしゃれで機能的な雑貨を多く取り扱う山崎実業「tower」のマグネット収納。実はこちらの商品はタオル収納として作られたものではなく、洗濯で使うアイテムを置くラックとして販売されています。

ホースホルダー付きの収納ラック

本来は、写真のように洗剤や洗濯ホースなどを置くことができるホースホルダー付きの収納ラックです。タオル専用の商品もあったのですが、今後またバスタオル収納を見直すことがあるかもしれないので、洗濯機まわりの収納としても使えるこのラックを選びました。

このラック2つを取り付けてバスタオルを収納することにしました。

浴室からサッとバスタオルが取れる

バスタオルを丸めて立てて収納

先ほどご紹介した収納ラックを2つ使い、バスタオルを丸めて立てて入れてみました。我が家では小さめのバスタオルを使用しているので、1つのラックに4枚のタオルを立てて入れることができました。

浴室から手を伸ばしてタオルが取れる

子どもでも手が届く高さなので、浴室から手を伸ばしてサッとタオルを取ることができます。

小さなことではありますが、バスタオルを準備する手間がひとつ減って嬉しいです。洗濯機横にスペースがあるお宅は、ぜひ参考にしてみてください。

  • B!