家事

beachmamabeachmama

無印「掃除用品システム・スキージー」が優秀。窓が簡単にきれいに

天気のいい日に窓を見ると、汚れが気になってしまうこと、ありませんか。窓掃除は面倒なイメージが強く、ついつい後回しになってしまうことも。

無印良品の「掃除用品システム・スキージー」がおすすめです。使いだしてから掃除時間が短縮され、簡単に窓をきれいにすることができるようになったというbeachmamaさんに詳しくお話を聞きました。

無印良品のスキージーはスポンジ付き。ポールと組み合わせて高い窓にも

無印良品の掃除用品システム・スキージー

無印良品のスキージーはスポンジが付いているので、スポンジ部分で窓を洗い、スキージーで水切りも一緒にできるアイテムです。

いろいろな道具を準備する必要がないので、すぐに窓掃除をスタートすることができます。また、窓だけでなく浴室掃除などにも使うことができます。

掃除用品システム・スキージーで高いところを掃除

高い位置にある窓を掃除する際は脚立を用意しているという方も多いと思います。無印良品のスキージーには、同じ無印良品のポールを組み合わせることができますので、高い位置にある窓の掃除も楽にできます。

ポールはモップやほうきなど、さまざまなヘッドにつけ替えることができるので、家のいろいろな場所の掃除に使えます。スキージーだけでなくポールも一緒に用意しておくと便利です。

近くに水道がない場所の窓も掃除しやすい

窓掃除の道具と洗剤

窓掃除は近くに水道があればやりやすいのですが、ベランダに水道がないお家も多いですよね。

我が家の2階のベランダも水道がないので、2階の窓掃除をする時は無印良品のスキージーと、バケツの水、乾拭き用のふきんを用意して掃除しています。

掃除用品システム・スキージーで窓掃除

バケツの水をスポンジに含ませ、窓全体をスポンジ部分で水洗いします。バケツを用意するのが面倒な場合は、霧吹きで窓全体を濡らすという方法でも大丈夫です。

水洗いだけでも窓の汚れはだいたい落ちますが、ひどい汚れの場合は水洗いの後に少量の中性洗剤を窓につけてスポンジで洗っていきます。

掃除用品システム・スキージーで窓掃除

全体をきれいに洗ったあとに、スキージーを使いしっかりと水切りをしていきます。窓ガラスに密着させて滑らせるように動かしていくと洗剤も一緒に気持ち良いくらいきれいに水切りができます。

窓の1番上から下まで水切りをし、スキージーや窓枠についている水滴もきれいに拭き取ります。

マイクロファイバークロスで乾拭き

最後に窓全体を乾拭きすれば、よりきれいに仕上がります。使い古しのタオルでも大丈夫ですが、マイクロファイバークロスなどの掃除用クロスだと、ムラなく拭けるので仕上げ用におすすめです。

簡単掃除で窓をいつもピカピカに

簡単掃除で窓をピカピカに

脚立に乗り、何度もぞうきんを洗い、時間をかけて窓掃除をしなくても、「掃除用品システム・スキージー」なら簡単に窓掃除ができます。窓掃除を定期的にしておけば、常にきれいな窓ガラスをキープできるだけでなく、汚れを落とす時間も短くなります。

カーテンを開けた時に窓がきれいだと、気分も良くなりますので、スポンジで洗いスキージーで水切りするだけの簡単窓掃除。ぜひ、試してみてください。

  • B!