収納術

佐野 久美子佐野 久美子

冷蔵庫の引き出しをやめてみた。食材の迷子や買いすぎが激減、節約にも

冷蔵庫の引き出しを取る

冷蔵庫の引き出し。もともとついているものなので、使うことが当然と考えがちです。でも実は、「ない方がかえって使いやすい」ということも。

新型コロナをきっかけに、冷蔵庫収納を見直し、引き出しをやめたという整理収納アドバイザー2級のkumikoさん。おかげで、「食材を使い切る」「買いすぎを防ぐ」など、様々なメリットに気づいたといいます。

新型コロナでまとめ買い派に。冷蔵庫収納を見直す

わが家の冷蔵庫は2ドアの小型タイプ。自炊が多いので、大きいサイズの冷蔵庫を使いたかったのですが、キッチンに大型冷蔵庫を置けないため、仕方なく小さめのものを使用中です。

2ドア小型冷蔵庫

これまで冷蔵庫の収納力に合わせてこまめに食材を買い物していましたが、コロナ禍後はまとめ買い派になりました。以前から冷蔵庫収納に頭を悩ませていましたが、このことで冷蔵庫収納を見直す時期と痛感しました。

冷蔵庫内の棚収納は、中段と下段が断然使いやすい!

冷蔵庫は食材の入れ替りが激しいため、調味料や定番品以外は定位置管理ができません。それが、冷蔵庫収納の難しいところです。そこで私は、「自分にとって使いやすいベストな配置」を見直しました。

食器棚、本棚や靴箱などの棚収納は「上段より中段と下段が断然使いやすい」というのが整理収納の基本ルールです。これは背伸びや腰を丸めるなど体勢を変えずにモノの出し入れができるためです。冷蔵庫内も棚収納なので中段と下段の収納方法を変えてみました。

引出しケースに重いモノや小さなモノを入れるのは、デメリットだらけ!

これまで冷蔵庫下段の引出しケースに野菜や粉類を収納。こまめに買い物をしていたため満タンになりませんでした。

収納改善前の冷蔵庫内

ですが、まとめ買いすると食材の量や重さで引き出しが開閉しづらい、使いかけ野菜が迷子になりやすく探しにくいなどのデメリットが増大し、プチストレス発生!

冷蔵庫の引出しケース

そんなとき冷蔵庫掃除で引出しケースを外しみると、下段も棚収納が可能になる事を発見しました。

下段は「奥行き」に注目し配置すると使いやすい

引出しケース撤去後は、奥行きを意識して収納します。

引出しケースを撤去した冷蔵庫下段には常備食材を置く

手前は、よく使う常備食材(牛乳、ヨーグルト、缶飲料、自家製甘酒など)を収納。どの食材も重いので、下段に置いた方が出し入れしやすくなりました。

引出しケースを撤去した冷蔵庫奥には、あまり使わない食材を置く

奥には、自家製の保存食入りビン、補充用味噌などを収納。家庭によって使う食材が異なりますが、出番が少ないけど冷蔵庫で保管したい食材を冷蔵庫内下段奥に収納するのがおすすめです。

ケースを撤去すると冷蔵庫とケースの間の凸凹がなくなり床面積いっぱい収納に使えます。引き出しを開ける手間もカットできました。

中段に野菜ボックスを設置し、やりくり上手に

冷蔵庫中段に移動式野菜ボックスを設置
今まで引出しケースに入れていた野菜も配置換え。大型タッパーを中段に置き、野菜専用ボックスをつくりました。野菜ボックスは移動式で調理のたびに取り出しています。

大型タッパーを野菜専用ボックスに活用

野菜ボックスをつくると冷蔵庫を開けている時間が短縮できます。野菜を探しやすいので死蔵品もなくなり、調理のたびにまんべんなく常備野菜を使えるようになりました。さらに、野菜のストック量を把握できるため、買い過ぎ防止につながります。

野菜を多めに買った場合も引出し収納と違い、軽量の葉野菜などは山積みできます。収納面だけでなく経済面、健康面でもメリットが生まれました。

冷蔵庫中段に野菜ボックス設置
食材調達前はとてもスッキリ!

自分スタイルの冷蔵庫収納を見つけると、ラク家事につながるので是非お試しくださいね。

※ここで紹介した冷蔵庫は、チルド機能非搭載の温度調整だけのシンプル機能です。引き出しケースを取り外して収納する前に、取扱説明書の注意事項をしっかりご確認ください

  • B!