家事

beachmamabeachmama

防カビスプレー「3off」を掃除ついでにシュッ!家じゅう気持ちいい

カビ対策のためだけに、わざわざ何か特別のことをするのはおっくうなもの。日頃、習慣でしていることで済ますことができたら、とてもラクだと思いませんか?

日々の家事に「カビの予防家事」をプラスしてカビができにくい環境作りをしているというライターのbeachmamaさんに、詳しくお話を聞いてみました。

スプレーするだけの簡単予防

防カビスプレーをシンクに吹きかける

少し前から「予防家事」「小掃除」が流行っています。日々の暮らしに小さな掃除をプラスして習慣化することで、結果的に時間のかかる掃除をしなくても済むということ。

カビ掃除も同じで、日々カビができにくい環境にしておけば、強い洗剤も長時間のこすり洗いも、つけ置き掃除も必要ありません。

カビ・菌・においを防止

我が家で使用している「3off(スリーオフ)」というスプレータイプのカビ防止剤は、介護浴槽を開発した企業がつくっていて、介護施設の浴室環境を良くするために、安全性にもこだわって作られています。

使い方はとても簡単で、カビが気になる箇所にスプレーするだけです。日々の掃除の仕上げに使えば、カビの発生を抑制してくれます。

入浴後にシュッとするだけ

入浴後の浴室全体に

防カビスプレーを浴室の床に吹きかける

カビがいちばん気になる場所は浴室。濡れたままの浴室にも使えますが、我が家では、浴室の水滴をタオルなどで軽く拭いた後に、防カビスプレーをして仕上げをしています。浴室の床や、排水口などの、気になる部分中心にスプレーします。

天井や壁

防カビ剤をスプレーしたモップで天井を拭く

毎日ではありませんが、定期的に浴室の壁や天井を、防カビ剤をスプレーしたモップで拭いています。天井は掃除がしにくいので、カビ予防しておくと安心です。

ゴムパッキン

浴室のドア部分のゴムパッキンを掃除

カビが取りにくい浴室のドア部分のゴムパッキン。毎日のお掃除では見落としがちなので、気づいた時には黒カビがびっしり!なんてことも…。ドアレールは、ほこりもたまりやすいので、防カビのついでにほこりもきれいにしてしまいましょう。

洗濯前のバスマット

濡れたバスマットに防カビスプレーを吹きかける

消臭効果もあるので、入浴後のバスマットなどのニオイ防止にも使えます。濡れたバスマットにスプレーしておくだけで、翌朝の洗濯まで嫌なニオイがしません。

浴室以外でも活躍

洗濯槽

洗濯層に防カビスプレーを吹きかける

毎日使う洗濯機も、使用後に洗濯槽にスプレーしています。頻繁にお掃除できない箇所は、汚れがつきにくい工夫をしておくのがおすすめです。

排水口

排水口に防カビスプレーを吹きかける

洗面台やキッチンの排水口もカビが目立ちやすい場所。スプレーしてすぐ水で流してしまうと成分も流れてしまうので、寝る前にスプレーしておけば、カビが発生しにくいきれいな状態をキープできます。

トイレ

トイレの床を防カビスプレーで簡単掃除

子供がトイレの床を汚してしまう時があるので、そんな時にもシュシュッと簡単掃除をしています。カビ予防だけでなく、除菌や消臭剤としての使い方もできるので、除菌剤をいくつも用意しなくても大丈夫です。

暮らしの中でカビ予防を意識してみる

カビの予防家事

気づかないうちにカビは発生してしまうものです。カビ掃除をしなければ、汚れはどんどん広がってしまい、お掃除するのも大変になります。

カビ予防を意識した家事を少しだけプラスするだけで、嫌なカビができにくい環境を作ることができます。日々の家事に「カビの予防家事」をプラスして、カビが発生しくい環境作りをしてみませんか。

  • B!