家事

よしママよしママ

除湿剤の正しい使い分けで「梅雨のカビ予防」が家じゅうはかどる

1年のうちでカビが発生しやすいのは梅雨と冬。梅雨入り前のいまこそ、湿気対策をはじめましょう。湿気がたまるとカビが生え、建具や家具、衣類、布団をダメにしてしまいます。なによりも、カビは一度生えてしまうと、根こそぎ除去するのは難しいもの…。

掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさんに、場所別に選ぶべき除湿剤を教えてもらいました。

除湿剤いろいろ

押入れには容量の大きい置き型タイプ

押入れには置き型タイプを

湿気は風通しが悪く、空気が停滞する場所にたまりやすいもの。押入れは乾燥しているイメージがありますが、扉を閉めたままにしているので空気の循環がなく、湿気がたまりやすい場所です。

閉めっぱなしになりがちな押入れには容量の大きい置き型タイプの除湿剤がおすすめ。北側の外壁側の下方が湿気がたまりやすいので、そこに設置しています。

天袋など高い場所は、容器を倒してしまう可能性があるので、シリカゲルや竹炭など水が出ないタイプがおすすめです。

タンスやクローゼットは除湿しながら防虫も

クローゼットには吊り下げ型

衣類の虫食いの原因は、実は湿度にも起因しています。除湿をすることで衣類につく虫が住みにくい環境をつくりましょう。

クローゼットには置き型よりも、吊り下げタイプのほうが除湿面が広く、効率よく除湿してくれます。

タンスには引き出し用を

引き出しや衣装ケースには引き出し用の除湿アイテムを。除湿だけでなく防虫、防ダニ効果もあるものがおすすめ。シリカゲルタイプは食器棚にも使い回せて便利です。

布団が干せないときは除湿シートがあると便利

除湿シート

敷きっぱなしの布団にはすぐに湿気がたまりカビが発生します。小まめに布団をあげて乾燥させる必要がありますが、干せないときのために除湿シートがあると心強いです。大判タイプでたくさん除湿してくれるものがおすすめ。湿気がたまると色が変わるサインつきのものだと、干すタイミングが分かりやすいです。

玄関は除湿+ニオイ対策も

玄関に重曹を置く

わが家では、靴のニオイと湿気がこもりがちな玄関に、重曹を置いています。 ガラスに重曹を入れて、お気に入りのアロマオイルを垂らして混ぜるだけ。除湿とニオイ取りをしてくれます。定期的に混ぜて、香りが足りなくなったらオイルを追加。

重曹が固まってきたら、水で溶かして油汚れをとり、研磨剤として掃除に使います。

靴箱にも除湿剤を

靴箱にも必ず除湿アイテムを入れています。

新聞を敷く

ニオイもこもりやすいので、ニオイをとるといわれている新聞や、除湿もできる炭もおすすめ。湿気とニオイがある場所にはアイテムを複数使うと安心です。

塩の容器には珪藻土のスプーンを

調味料入れに珪藻土スプーン

塩など調味料を保存するときは、珪藻土のスプーンを入れています。珪藻土は乾かせば何度も使えるのでエコ。スプーンタイプは計量もできて便利です。割れやすいのが難点なのと、乾燥で固まる砂糖や色がついてしまうインスタントコーヒーなどには向かないので注意。

ほかにも、洗面所の下やキッチンのシンク下など湿気がたまりやすい場所には、除湿剤を効率よく利用して、カビ予防をしておきましょう。

そして除湿剤だけに頼るのではなく、よく晴れて乾燥した日には、扉や窓を開けて風通し良くしておくと、さらに湿気がたまりにくくなりますよ。

  • B!