暮らしのコツ

しかま のりこしかま のりこ

リビングが片付く家具の置き方。洗濯物、教材…いろいろウンザリしてません?

リビングが片付く家具の配置

新型コロナウイルスを想定した、厚生労働省による「新しい生活様式」の提言で、以前より在宅勤務や家にいる時間が増えていくと思われます。そうなるとリビングは、家族の数だけモノが増え、散らかり放題に!

COLLINO一級建築事務所のしかまのりこさんは、これを「リビング崩壊」と名付け注意を呼びかけています。どうしたらそのような状況を防げるか? リビングの3Dモデルを使って教えてもらいました。

リビングは、モノであふれ、散らかり放題になりがち

家族が集まるリビングは、ちょっとしたことでモノがあふれ、散らかり放題になってしまいます。私は状況を「リビング崩壊」と名付けました。特に子どもが生まれるとモノが増えるため、この状況に陥りやすくなります。

この「リビング崩壊」ですが、具体的に言うと

  • よく着る上着や洗濯物などがリビングにあふれている
  • ダイニングテーブルやソファーの上にモノがあふれ、物置状態になっている
  • ご飯はTVのまえのスペースで、床に座ったり、小さなテーブルで食べている

などの状態のことです。

解決するには、3つのポイントがあります。

  • 動線を整理する
  • 空間を分ける
  • 収納を増やす

夫婦と小学校に通う子どもの3人家族が住む一般的な住宅をモデルケースとして、以下の3D図面で解説してみましょう。

動線を減らし、動きやすく狭さを感じさせないリビングに

リビングの動線を整理する

こちらは13畳のリビングダイニングです。ダイニングテーブルのそばに、物干しを置いてあるため、とても狭くなっています。しかし、狭くなる理由はそれだけでなく、矢印のように2本動線があるためです。

この動線ですが、人が動くスペースですので、空間が必要になり、そのぶん狭くなります。また、同じ方向に向かう動線は、それほど広くない部屋では2本も必要ありません。

この2本の動線を整理し、1本にまとめるだけで、動きやすくすっきりした部屋になります。

部屋が散らかるのは、空間分けが出来ていないから!

リビング崩壊を起こさないよう、空間を分ける

本来は食事をする場であるダイニングテーブルに子どもの持ち物や携帯など、家族の持ち物やが置かれたまま。ソファやリビングテーブルにも、お菓子やランドセルなどが置かれているというケースはありがちです。

部屋のあらゆる場所にモノが散らかるのは、部屋の空間分けができていないためです。この空間分けができていないと、たとえ部屋が広くなっても、モノが散らかりやすくなります。

この部屋の場合、散らかる洋服は収納ゾーン、ノートや教科書/ランドセルは子どもゾーン、そしてご飯を食べくつろぐ空間はリビングダイニングゾーンのように、3つの空間に分けます。

空間分けをすることで、物の入り混じることがなくなり、片付きやすいお部屋になります。

上着や洗濯物を収納する家具があると、スッキリ片付く

リビングの収納を増やす
リビングダイニングに物干しがあれば、雨にも濡れず洗濯物は乾きやすくなります。
しかし、そのぶん部屋が狭くなります。また乾いた洗濯物をたたんで、それぞれの部屋に収納するという手間が面倒で、結果として、乾いた洗濯物はリビングダイニングに散らかりやすくなります。

また、帰宅した際にリビングダイニングで上着を脱ぐことが多く、コートなど家族の上着も散らかるモノになります。

この解決策としてリビングには、上着や洗濯物を収納する家具を増やせば、片付きやすい部屋になり、スッキリします。

給気口の近くは要注意。ニオイまで散らかる原因に

リビングのストレスフルなニオイの流れ

また、目には見えませんが、部屋には空気の流れがあります。その空気の流れを考えないと、部屋に嫌なニオイが散らかることになります。

この部屋の場合、ペットゲージが給気口のそばにあります。そのため、給気口から入ってきた空気の流れに乗って、ペットのニオイが部屋中に散らかってしまいます。

ペットゲージなどニオイの出るものは、給気口のそばに置かないことが大切です。

解決のカギは、片付きやすいリビングの家具配置

片付きやすいリビングの家具配置

ここまでお話してきた4つのポイントを押さえ、家具を配置し直してみました。

  • 動線は2本から1本に
  • 空間は、収納ゾーン、子どもゾーン、リビングダイニングゾーンの3つに
  • 洗濯物や衣類を収納する家具を増す
  • ペットゲージを給気口のそばから遠くに離し、ニオイの散らかりを防止

モノが散らかるリビング崩壊を防ぎ、ストレスフリーで快適なリビングダイニングの完成です。

ビフォーアフターの様子を、見てみましょう。

ビフォー

散らかりがちなリビングダイニング

散らかりがちなリビングダイニング

散らかりがちなリビングダイニング

洗濯物が目障りなLDK

アフター

リビング崩壊を起こさないリビングダイニング

リビング崩壊を起こさないリビングダイニング

リビング崩壊を起こさないリビングダイニング

リビング崩壊を起こさないリビングダイニング

新型コロナの影響で、私たちの生活は、自宅で長い時間過ごすという、新しい生活様式の在り方を求められています。

その際、リビングが散らかり放題の状況に陥らないためにも、お部屋を模様替えして、居心地の良いリビングにトライしてみてください。

  • B!