収納術

KumikoKumiko

キッチンの引き出し収納術。使ってない保存容器が意外に活躍も

古くなった保存容器を使ったキッチンの引出し収納
使うものが多いキッチンの引き出し。なにかと煩雑になりがちですが、じつは、捨てる予定のプラスチック製保存容器で簡単に、しかもお金をかけることなく整理ができます。

整理収納アドバイザー2級のKumikoさんが実践していることを教えてもらいました。

整理収納の基本ルールは「取り出す」「分ける」「収める」の3つ

散らかりやすいキッチンの引出し収納

キッチングッズはよく使うため、出し入れがラクな造り付けの引き出し最上段を収納スペースに使っています。しかし、引き出しだと出し入れの頻度が高くゴチャゴチャしがち。それを解決してくれるのが、整理収納の基本ルールです。

整理収納は以下の3ステップが基本。

  1. 取り出す
  2. 分ける
  3. 収める

長い期間、引き出しのベストな収納方法を見出せなかったわが家でしたが、整理収納の基本ルールをもとに見直すと、ついに最適化されました。

ステップ1.取り出すことで、ゴチャゴチャになる原因が分かる

キッチンの引出しに入っていたものを全部取り出す

キッチンの引き出しの中がゴチャゴチャするのは、出し入れが多いからだと思っていました。しかし、すべてのキッチングッズを取り出してみると、画像の通りモノが多すぎる事が判明。明らかに適正量を超えていたことを、目の当たりにした瞬間でした。

収納物をすべて取り出すと持ち物を客観視でき、買いすぎ持ちすぎを防ぐきっかけにつながります。

ステップ2. 仕分けをして「よく使うもの」「たまに使うもの」だけ残す

使用頻度に応じて仕分けする

次は仕分けの作業です。「よく使うもの」「たまに使うもの」「使わない&要らない」「使うけど別の場所にあったほうがよいもの」というように、使用頻度に応じて仕分けをします。仕分け後、よく使うものとたまに使うものだけ残します。
以前のケースなど使わないものは即処分。無意識に引き出しに入れていたけれど、別の場所にあったほうがよいモノは移動します。

S字フックは小袋に入れ保存

わが家の場合は、電動ミルクフォーマーはカトラリー類へ、S字フック、カラビナは小分け袋にまとめて工具の収納場所へ移動しました。

収納変更後もとりあえずしまう癖はなかなか直らないので、完璧主義にならずに見つけた時に都度直す程度の大らかな気持ちで片付けを進めてください。

ステップ3.捨てる前の保存容器を1軍用、2軍用にしにて収める

古くなったプラスチック製角型保存容器

引き出し内の中は牛乳パック、紙袋、元は文具トレーなどで仕切っていましたが、今ひとつキレイをキープできませんでした。そこで今回使ったのは、ひび割れや変色で処分予定だった容量400mlの角型プラスチック製保存容器2個です。

古くなった保存容器と牛乳パックを使ったキッチンの引出し収納

引き出しに処分予定の保存容器2つと牛乳パック小箱を縦に並べるとシンデレラフィット。捨てるモノに新たな用途が生まれました。

2つの保存容器はよく使うものを1軍(手前)、たまに使うは2軍(奥)に分けます。

1軍にピーラー、ビニールクリップ、油性ペン

プラスチック製保存容器にピーラーなどよく使うキッチングッズを入れる

2軍は栓抜き、すりこぎ、キッチンで飲む薬類

プラスチック製保存容器にたまに使うすりこぎなどキッチングッズを入れる

2軍の薬類は種類別ではなく「キッチンで使う」という行動に合わせた収納方法です。

以前からの牛乳パック箱はマスキングテープとクリップ専用に

牛乳パック収納箱に入れたクリップとマスキングテープ

引き出しの収納量が減ると、大まかでも使いやすくなる!

長い道具は容器に入れずに収納するキッチンの引き出し収納

ハサミ、しゃもじなどの丈の長い道具は以前より収納する量が減ったため、ケースに入れず、直接引出しに入れました。
形状が違うもの同士を無理にケースに収納しないほうが使い勝手がよい場合があります。キッチンの引き出しの中は、見せる収納とは違うので、使いやすさ第一で大まかな保管方法でもOKです。

古くなった保存容器でお金をかけずに気楽なスッキリ収納を目指してみませんか。

  • B!