収納術

露重和子露重和子

100均グッズで子ども服を収納。使いやすいクロゼットはいいことずくめ

仕組みを変えた娘のクロゼット

子ども服の片付けや整理。子どもが自分でしてくれたら…と思いませんか?そのためには、クロゼットの仕組みを簡単に、使いやすくすることが大切。「置くだけ」「ひっかけるだけ」にすることで、子どもの協力も得やすくなります。

整理収納アドバイザーの露重和子さんは、自分のクロゼットが欲しいという娘の言葉をきっかけに、仕組みを見直したそう。その内容をご紹介します。その際取り入れたダイソーの収納グッズの使い勝手が、とてもよかったそうですよ!

ダイソー「吊り下げ収納ボックス」なら片付けが簡単シンプル!

ダイソー「吊り下げ収納ボックス」で収納スッキリ

洋服は、引出しにしまい込むより、見えているほうが片付けやすい!という娘の要望で、トップスやワンピースはハンガー収納で掛ける収納にしています。スカートやパンツは、ダイソーの吊り下げ収納ボックスに、畳んでしまっています。

ダイソーの吊り下げ収納ボックスの使い勝手のよい点は

  • ワンアクションで出し入れできる
  • オープン収納なのでどこに何があるか一目瞭然
  • スペースを縦に有効活用できる
  • 4段に仕切ってあるので洋服が混在しない

と、いいことづくめ!子どもは複雑な片付けの仕組みだと、思うように片付けてくれませんが、吊り下げ収納ボックスなら、放り込むだけなので、片付けのハードルがかなり下がります。これなら片付けしやすいと娘も喜んでくれています。

上部のベルトを、クロゼットのポールに巻き付けて吊り下げて使う収納ボックスなので、ポールさえあればどこでも活用できます。ベルトは面ファスナーで、しっかりと付くのでずれ落ちたりもしません。また素材は不織布で、仕切りの部分には段ボールが入っており、丈夫です。

子ども服やカバンの収納にダイソーの吊り下げ収納ボックス

わが家では、娘の身長に合わせて長めのS字フック+突っ張り棒で、高さを調整しています。
吊り下げ収納ボックスは子ども服の収納に活用していますが、服だけでなく、カバンや洋服小物などの収納にも活用できます。

ダイソー「くるっ!とロングフック」がクロゼットのカバンの収納に便利!

ダイソー「くるっ!とロングフック」がクローゼットのカバンの収納に便利
成長とともに、カバンの数も増えてきたので、ダイソーの「くるっ!とロングフック」をカバン収納に活用しています。
長さの違うS字フック4本が、まとめて1本に集約されていて、それぞれの角度が変えられるので、カバンを重ならずに掛けることができます。掛けるだけなので片付けも簡単。カバンだけでなく帽子やベルトなどにも活用できます。

突っ張り棒+ワイヤーネットで小物を壁面収納!

突っ張り棒+ワイヤーネットで小物を壁面収納
様々な活用法のある、ワイヤーネット。クロゼットでは壁面の有効活用に便利です。

壁面に突っ張り棒を取り付けて、結束バンドでワイヤーネットを固定したら、フックやネットカゴを掛けるだけで小物収納が完成。デッドスペースになりがちなクローゼットの壁面を有効活用できて、なくしがちな小物の定位置もつくれて一石二鳥。フックに掛けるだけ、カゴに置くだけなので片付けも簡単に。

子どもの片付けは、いかに片付けのハードルを下げるかが大切です。アクション数が多かったり、届きにくい場所にしまう場所があると、片付けが面倒になり習慣化されません。

便利な収納グッズを活用して、子どもと一緒に仕組みづくりを行えば、子どもの片付けも習慣化されやすいです。
今回ご紹介した収納グッズはすべてダイソーで揃うので、親子で楽しみながら、気軽にチャレンジしてみてくださいね。

  • B!