お宅拝見

mihoko

【戸建てリノベ事例】コンパクトな3階建ての壁やドアを減らして、明るくゆったりした家に

リビングからキッチンダイニングを眺める

子どもが生まれるのをきっかけに家づくりを決意した山田さん夫妻。予算内で好みに合った空間を実現すべく、敷地面積約21坪、築8年のコンパクトな3階建てを購入しました。

バルコニーとの段差や圧迫感のある壁など、既存の建物の問題点を改善することで、とても明るく開放的で子育てもしやすい家ができ上がりました。

壁やドアをできるだけ排除し、明るさと開放感を実現

テラスとつながるLDK

リノベする際の要望は、「壁やドアをできるだけなくして明るく、開放的な空間に」「内装はシンプルに仕上げる」等々。

2階の間取りはLDKと洋室。そこでLDKと洋室に分けていた仕切り壁を取り払って、広々としたワンルーム空間に。これならキッチンで調理をしていても、子どもに目が届きやすいので安心です。
「壁は腰壁にして筋交いを半分見せるスタイルです。デザイン的にも気に入っています」(妻)。

また、既存のバルコニーへは室内との間の段差をまたいで行かなければなりませんでした。

その不便さを解消するため、室内側に縁側を設けてバルコニーとフラットにつなげたのです。室内縁側はベンチのように腰かけてくつろいだり、下部は収納になったりと大活躍。

元々洋室があった場所は、ゆったりとしたリビングとして活用できるようになりました。

吹き抜けで明るい階段室

筋交いを表しにしたことで、1階から3階までの階段室も明るい空間に。視線が抜けて開放感も増しました。

L字型のステンレスキッチン

L字型に配されたキッチンは、シンプルでスタイリッシュなステンレス製。壁のサブウェイタイルや床のモザイクタイルは妻が選んだもの。
素材の組み合わせで、洗練された印象のキッチンに仕上がりました。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫33歳 妻31歳 長男0歳

▼リノベを選んだ理由
妊娠を機に、「子育てに適した家に住もう!」と家づくりを決意。

▼住宅の面積やコスト
延床面積は約103㎡(3LDK)、コストは非公開

築浅なので外壁は既存を生かし、内部のデザインにこだわりを

緩やかに分けられたリビング

山田さん夫妻が以前暮らしていたのは、コンクリート打ち放しのデザイナーズマンション。妻の妊娠が分かったことで、「子育てに適した家に住もう!」と家づくりを決意します。

そこで考えたのは、中古住宅を購入してのリノベーションすること。
内装へのこだわりが強かった夫妻ですが、ゼロから建物をつくるより、中古住宅でも好みに合った空間にリノベーションするほうが自分たちらしいと考えたのです。

リノベのパートナーとして選んだのは、「リノベる。」。
妻が妊娠中ということもあって、土地探しから住宅ローン、設計・施工まで、ワンストップで任せられる便利さも大きな理由だそうです。そして、不動産に強い会社という評判も決め手となりました。

室内に飾られたグリーン

場所は、都心より自然が豊かで、趣のある鎌倉を中心に物件を探したそうです。探した期間は3か月。最終的には逗子市内の3階建て住宅に決めました。駅近で便利なうえに周囲の環境もよく、築8年と比較的新しい建物であることが大きな魅力でした。

ヴィンテージ風の照明器具

「築8年と築浅なので耐震性などを心配することなく、そのぶん内装にお金をかけられると思いました」と夫。外壁などは既存を生かし、内部のデザインに力を注ぎました。

テーブルなどの家具は大工さんの造作で統一感とコストダウンを実現

清潔な洗面コーナー

室内は、オークフローリング、ステンレスキッチン、真っ白なタイルなど、素材の色や質感にこだわった個性的でおしゃれな空間。「テーブルなどの家具は大工さんに造作してもらうことで統一感が出て、コストも抑えられました」と夫。

ダイニングのベンチ、壁際に設置したワークスペースのデスクなども造作家具です。

洗面室は、長いカウンターや窓が印象的な空間。

玄関横の大型収納

ライフスタイルに合った動線や収納計画も暮らしやすさの重要なポイント。例えば、玄関は土間を広げ、ロールスクリーンで隠せる玄関収納を設置しました。ベビーカーなども収納できて、玄関がスッキリ片付きます。

寝室の隣に洗濯機を置く

3階の寝室に洗濯機置き場を設置したのも、この家ならではのプラン。「洗面・浴室は広く、ゆったりとした空間にしたい」との妻の希望で実現しました。寝室の隣に既存のトイレがあったため配管も利用できました。

洗面・浴室のある1階から濡れた洗濯物を持って階段を上がる必要がなくなりラクになったとか。子育てで忙しい夫婦にはうれしいプラン。

リビングの家族

子どもが生まれることが分かってから中古物件探しを始め、約10か月とスピーディに家づくりを実現した山田さん夫妻。

今は2歳になった長男の子育てに追われながらも、便利になった家での暮らしを満喫しています。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前後の間取図

※情報は「住まいの設計2020年6月号」取材時のものです。
設計・施工/リノベる。
写真提供/リノベる。

  • B!