PR

Sumai編集部

夏は暑くて冬は寒い… 過酷な住環境を変える秘訣は、「窓」にありました!

窓の高断熱化で暑い夏を快適に

室内に光と風を導き、暮らしに心地よい開放感をもたらす窓。どのような窓を選ぶかで、家の外観イメージは大きく変わり、室内の雰囲気も違ってくる。そんな窓は、じつは住まいの中で最も熱の出入りが多い場所。採光や通風、眺望などを損なわずに窓を高断熱化できれば、住まいの快適さはさらに増し、冷暖房コストも節約できる。
そこでおすすめなのが、高性能樹脂窓「APW 330」だ。

高断熱窓を採用することで住まいの快適さも省エネ性も向上

Low-E複層ガラスを採用した窓

ガラスの内側に金属膜コーティングを施したLow-E複層ガラスを採用。アルミの約1000倍も熱を伝えにくい樹脂フレームにすることで、国内最高レベルの断熱性能を実現している。スマートなデザインや豊富なカラーも大きな魅力。新築の際にはぜひ採用を検討したい窓だ。

省エネ性に優れた樹脂窓

国内最高レベルの高性能樹脂窓「APW330」

高性能樹脂窓「APW 330」でかなえる快適な住まい

樹脂フレームとLow-E複層ガラスを組合せた「APW 330」。卓越した断熱性能で、快適で省エネ性にも優れた住空間をつくり出してくれる。窓の断熱性能を高めることで、冬の不快な窓辺の結露も大幅に軽減。快適な住まいを求めるなら、まずは「窓選び」から始めてみよう。

POINT1「快適性」1年を通して家じゅう快適!! 窓辺の暑さ寒さを解消! 冬の不快な結露も低減

一般的なアルミ(複層ガラス)窓では、夏は外から室内に流れ込む熱の70% 以上が窓から入ってくる。冬は暖房で暖められた室内の熱の約半分が窓から出ていく。窓を高断熱化することで熱の流出入が抑えられて、室内はより快適になる。

夏、室内が熱くなる最大の原因は、窓から入ってくる日差しの熱(日射熱)。「APW 330」が日射熱の室内への侵入を抑えてくれる。また、冬は窓辺で冷やされた空気が下降気流となって足元にたまる「コールドドラフト」を抑制。不快な結露も軽減される。

窓辺の暑さ寒さ

夏の窓辺はこんなに暑い

冬の窓辺はこんなに寒い

POINT2「省エネ性」冷暖房費が大幅にダウン

「APW 330」で窓を高断熱化することで、住まい全体の冷暖房効率が大幅にアップ。快適な暮らしを実現できるだけでなく、光熱費も大幅に削減することができる。

冷暖房費(年間)の比較(東京の場合)

POINT3「デザイン」住まいを引き立てるデザイン&カラー

住まいを引き立てる洗練されたデザインも「APW 330」ならではの大きな魅力だ。外観6色、内観5色とカラーも豊富に揃っているので、こだわりの住まいに美しくフィットする。

「APW 330」は外観6色、内観5色とカラーも豊富

窓の機能をさらにアップ! 「リモコンスリットシャッター」

防災・防犯対策として力を発揮するのはもちろん、その日の天候や生活シーンに合せて、光や風のコントロールを行えるのが「リモコンスリットシャッター」だ。付属のリモコンでシャッターやスリットの開閉ができ、シャッターを閉めた状態でスリットを開ければ、外からの視線を遮りながら室内に自然の光や風を採り入れられる。窓を閉めたまま操作できるので、室内の涼しさや暖かさはそのまま、虫が入る心配もない。さらに冷暖房費を節約でき、窓の機能性も高めてくれる。

付属のリモコンでシャッターやスリットの開閉ができるリモコンスリットシャッター

問い合わせ先/YKK AP株式会社お客様相談室 0120-20-4134

Sponsored by YKK AP

  • B!

PR