体験レポート&リサーチ 連載

Sumai編集部

家好き芸人、アンガールズ・田中さんがIKEAキッチンを活用したお宅に感動!

ベランダに立つアンガールズ・田中卓志さんと建築家夫妻

家好き芸人・アンガールズ田中卓志さんが、個性豊かな建築家の自邸を突撃取材!田中さんは広島大学工学部第四類建築学部卒業。大学では建築の構造を研究し、得意分野は日本建築だそう。

今回訪問したのは、横浜市内とは思えない自然豊かな場所に建つこちらの家。夫妻で設計事務所アオイデザイン/aoydesignを主宰する青山茂生さん、隅谷維子さんの自邸です。DIYで組み立てたというIKEAのパーツを活用したキッチンのほか、個性豊かなディテールを取り入れた、見どころいっぱいのお宅です。

軒下空間の仕上げを統一することで、一体感を

焼杉張りの外壁を指差す田中さん

のどかな里山の風景に溶け込む焼杉張りの外壁が印象的な建物は、建築家の青山茂生さん・隅谷維子さん夫妻のアトリエ兼自宅。

これまでは都内のマンションを仕事と生活の拠点としてきましたが、「自分たちの空間をイチからつくりたい」(青山さん)と1年以上かけて土地を探し、横浜市内とは思えないような自然に囲まれた高台の敷地を手に入れました。

眺望が開けた南東側に軒下空間を設けることで広がりを演出

「2階からの眺め、最高ですね。冬でも天気がよければ、ベランダで過ごすのも気持ちよさそう」と田中さん。眺望が開けた南東側に軒下空間を設けることで広がりを演出し、室内と軒下空間の天井や壁の仕上げを統一することで、一体感を高めています。

ダイニングでくつろぐ田中さんと建築家夫妻

「壁や天井、床や家具などの色のトーンが素敵です。グレーのタイルも効いていますね。このダイニングテーブルも味があるし、カッコいいな」と田中さん。「このテーブルは古道具屋で見つけたもので、無骨な感じがこの空間に合っていると思います」と青山さん。

ソファに寝転ぶ田中さん

テレビはリビングの高い位置に取り付けられていて、ソファに寝転んで見られるというので試させてもらう田中さん。「これが最高!首の角度がまっすぐだから痛くならないし、間違いなくこのまま寝落ちできます。天井が高いからできるんでしょうね」

【この住まいのデータ】

▼家族構成
青山さん50歳 隅谷さん46歳

▼住宅の面積やコスト
延床面積/92.20m²(1階49.69m² 、2階42.51m²)

IKEAのキッチンはDIYで組み立て、木の天板を採用

IKEAで購入し、DIYで組み立てたキッチン

キッチンはIKEAで購入し、DIYで組み立ててコストダウンを図りつつ、天板には実験的に無垢材を使用しました。「高級感があって、コストダウンしたように見えない!実験的に木を使うというのも、建築家らしくて面白いですね」(田中さん)。

キッチン背面の引き戸を開ける田中さん

キッチン背面の引き戸を開けると、IKEAの棚を利用した大容量の収納が。「奥行きが60cmあるので、食器は引き出しのほうが奥のものが出し入れしやすいんです」と隅谷さん。冷蔵庫や洗濯機も引き戸で隠されています。

キッチン内部

「めちゃめちゃおしゃれなキッチンの本体がIKEAと聞いてびっくり。ものすごく高級感があって、ヤバいくらいにカッコよかったです」(田中さん)。

ワークスペースの引き戸にロールスクリーンの生地を

引き戸で緩やかに仕切られたワークスペース

1階には、引き戸で緩やかに仕切られたワークスペースが。開け放つと、廊下や玄関と一体化してより広々と感じられます。

ワークスペースの吹き抜けから見下ろす田中さん

ワークスペースの吹き抜けにより、2階LDKとつながっています。「吹き抜けがあると 一体感が生まれるし、やっぱり開放感も違いますね」(田中さん)

透けるロールスクリーンの生地をはさんだ引き戸

引き戸には、透けるロールスクリーンの生地をはさんでいます。

引き戸を閉めても向こうが透けて見える

「すごいアイデア!閉めても向こうが透けて見えるから、開放感がある」と感心する田中さん。ロールスクリーンもDIYですが、「シワシワになってしまい全部やり直しました…」(青山さん)とかなり苦戦したそうです。

自分たちで設計した家に住むことで、たくさんの気づきが

漆喰とグレーの木毛セメント板との組み合わせが印象的な壁

漆喰とグレーの木毛セメント板との組み合わせが印象的な壁は、階段やトイレ、寝室にも採用しました。右手の扉は階段下を利用したトイレ、左手の扉は寝室です。

落ち着いた雰囲気をつくり出した寝室

窓を最小限に抑え、落ち着いた雰囲気をつくり出した寝室。

取っ手を付け替えたIKEAの収納ケース

寝室の隣にあるウォークインクロゼット内部にはIKEAの収納ケースが。ネットでオーダーした取っ手に付け替えています。「アレンジが上手ですね」と田中さん。

大きな窓から明るい日差しと景色を取り込むバスルーム

大きな窓から明るい日差しと景色を取り込むバスルーム。お風呂のお湯は、屋根に設置した太陽熱温水器でまかなっています。冬場は温水式の床暖房にも利用しているそう。

建物の前に立つ田中さん

「自分たちで設計した家に住むことで、気づいたこともたくさんありました。使い勝手などもより具体的に考えられるようになったし、説得力も違うと思います」と青山さん。

「いろいろ実験しましたもんね(笑)。家づくりを検討中の人にも伝えやすくなりますね」(田中さん)。

間取図と配置図

間取り図と配置図

【取材協力】
アオイデザイン/aoydesign
2003年青山茂生さんが設立。 2007年より隅谷維子さんとの共営に。住宅などの設計に加え、不動産仲介も行っている。

撮影/山田耕司 ヘアメイク/石川真理
※情報は「住まいの設計2020年4月号」取材時のものです

人気連載

READ MORE