家事

beachmamabeachmama

歯間ブラシを「ノズル掃除」に。ウォシュレットを放置している人必見

トイレのウォシュレット(温水洗浄便座)ノズルは、掃除が面倒な場所。さぼりがちになるうえに、スッキリと汚れを落とす方法を知らない人も多いのでは?
じつは、ノズルの穴の掃除には歯間ブラシが役立ちます。ノズルまわりの掃除の仕方を詳しく解説していきましょう。

ノズル掃除の方法。見落としがちな付け根もきれいに

ノズル掃除ボタンを押す

ノズル掃除用のボタンを押す

ノズル掃除用のボタンがあれば、ボタンを押してノズルを出します。ボタンがない場合はノズルを手で引き出してお掃除をします。強く押したり引っ張ったりすると破損や故障の原因になりますので、手で支えながら丁寧に洗いましょう。

ノズルを優しく洗う

ウォシュレットのノズルを優しく洗う

ノズルにトイレ用洗剤もしくは中性洗剤をスプレーします。水で落ちる汚れの場合は、水洗いのみでも大丈夫です。使い捨てスポンジや歯ブラシなどを使い、こすり洗いをします。

ノズルの付け根もきれいに

ノズルの付け根もきれいに

見落としがちなのがノズルの付け根。じっくり見てみると黒い汚れがびっしり…なんてこともあるので、ノズル掃除の時にしっかりとチェックしてください。古い歯ブラシや掃除用の細いブラシなどを使ってきれいにします。

歯間ブラシは掃除しにくいノズルの穴にぴったり

歯間ブラシは掃除しにくいノズルの穴にぴったり

ノズルの小さな穴は、なかなか掃除がしにくい場所。古い歯ブラシでも掃除できなくはありませんが、歯間ブラシがぴったりなのです。

歯間ブラシでノズルの小さな穴を掃除

ご覧のように歯間ブラシはノズルの小さな穴にもすっと入ります。しっかりとノズルの中の汚れをかき出すことができますので、目詰まり防止にもなり、ノズルを清潔に保てます。

脱臭フィルターや便座裏もしっかりきれいに

トイレの脱臭フィルターを引き出す

ウォシュレット掃除の時に、セットでやっているのが脱臭フィルターの掃除。ここもついつい忘れてしまう場所です。

電源を切り、便座横についている脱臭フィルターを取り外し、ほこりをきれいに取り除きます。水洗いも可能ですが、洗ったあとはしっかりと乾かしてから戻します。

気づくとほこりがたっぷりとたまっているので、定期的に掃除をするのがおすすめです。

便座着脱ボタンを押す

便座裏に脱臭吸込口があり、そこもほこりがたまるので、便座を取り外して掃除します。

最近は便座下の掃除ができるように、便座を取り外せる便器も増えていますので、トイレの取扱説明書を確認してみてください。我が家の便座着脱ボタンは便座横についていて、ボタンを押しながら引き出すと取り外せます。

便座裏や便座取り付け面を拭き掃除

この取り付け面に汚れがつくと嫌なニオイの原因になりますので、便座を取り外したら便座裏や便座取り付け面も一緒にきれいにします。

ウォシュレットまわりは汚れが目立ちにくく、掃除しにくい場所なので、つい掃除するのを忘れて汚れがそのままに放置しがちです。定期的な掃除で、清潔なトイレ空間をキープしましょう。

※便座を取り外す際は取扱説明書をよく確認しましょう。

  • B!