暮らし 設備

住まいの設計編集部:坂本ひろみ

ブラインド最新事情!一見普通のレースカーテンが驚くほど高機能だった

カーテンのように使える縦型ブラインド

お部屋の雰囲気を大きく左右するインテリアといえば、カーテンやブラインド。おしゃれさや美しさも気になるけれど、住み心地を考えれば機能性も譲れません。理想はどちらの特徴も備えた商品。
今回取り上げたのは、窓まわり製品のメーカー・ノーマンジャパンのアイテムです。上の写真は、連窓仕様の「スマートドレープシェード」。シェードの右側を採光がとれる状態にして景色を楽しみ、左側は閉じて外からの視線を遮るなど、レールごとに角度調節ができます。

洗練されたデザインとスマートな操作性。安全にも配慮した優しいシェード

通り抜けができるシェード

シェードの構造は、形態安定処理を施された羽根の1枚1枚が独立したU型になっています。
通常のブラインドでは羽根をつなげる役目をするボトムコードや安定させるウエイトが必要。しかし「スマートドレープシェード」は、その構造からボトムコードもウエイトも必要ないそうです。
羽根がつながっていないから、シェードに手をすっと入れて左右に分けるだけで、どこからでも通り抜けられるというわけ。
また一般的な縦型ブラインドのような、コードによる転倒や巻きつき事故も防止できるので、掃き出し窓にも大活躍。小さい子どもやペットのいる家庭でも安心ですね。

羽根の柄もプレーンや幾何学模様をはじめバリエーションも豊富で、防炎生地のものあります。
その高い機能性やデザイン性、品質は、キッズデザイン賞やレッドドット・デザイン賞を受賞していることなどからもうかがえますね。

シーンやインテリアに合わせて選べる!多彩なバリエーション

グレーカラーのシェード

ここでその多彩なバリエーションの一部を見てみましょう。
上はサークルをあしらった柄がエレガントなグレーカラーのシェード。

チャコールカラーのシェード

2面にわたる大開口を、チャコールカラーのプレーンな柄でドレスアップ。UV遮蔽率が94~99%程度もあるタイプなので、日差しの強い部屋にぴったり。

アイボリーカラーのシェード

アイボリーカラーのネット柄で、窓辺をシンプルに彩ったリビング。好みの長さに仕上げられるのも魅力です。

白のネット柄のシェード

白のネット柄を用いた寝室。シェードの角度が自由に調節できるので、昼も夜も快適にくつろげる空間に。

毎日の暮らしに快適さをもたらす独自の仕組み

シェードを閉じたところ

「スマートドレープシェード」は、独立したシェードをU型に連結させた構造で、角度の調節で日差しや外からの視線をコントロールできるのが大きな特徴。

シェードに取り付けたバトンを左右に回転させるだけで、バトン操作と同じ方向にシェードが回転。好きな角度で止められ、閉じ方の調節でプライバシーのコントロールもできるのです。

シェードを開け閉めする際は、レールに沿ってバトンを動かすだけ。
軽い力で簡単操作できます。

レースカーテンのように見えるシェード

シェードの角度を窓に直交させれば、まるでレースカーテンのよう。

縦型ブラインド用に使えるシェードの状態

窓と並行にすれば、さながら縦型ブラインドを閉じたような状態に。

近年のブラインドやシェードは多彩で、様々な商品が進化して登場してきています。
特に夏は窓周りが気になる季節。
最新の窓回り商品をチェックしてみてはいかがでしょうか。

【商品の問い合わせ先電話番号】
ノーマンジャパン株式会社/0120・051・507

写真提供/ノーマンジャパン株式会社
※情報は「住まいの設計2020年6月号」取材時のものです

  • B!