暮らしのコツ

安尾香奈安尾香奈

キッチンで立ったままメイク、で朝の時短。道具のおすすめ収納テクを紹介

突然ですが、朝のメイクをどこでしていますか?洗面所?リビング?ダイニング?やることがこまごまあってバタバタしがちな朝。時短でメイクができたらうれしいですよね。

動線の見直しと収納の仕組みづくりで朝時間にゆとりがもてる方法を、片づけのプロでライフオーガナイザーの安尾香奈さんに教えてもらいました。

キッチンのスタンディングメイクで時間を短縮!

キッチンのメイク収納

キッチンで朝食のしたくをしながら、リビングで子どもの身支度を手伝ったり、その合い間に洗面所でメイクに取りかかる…。わが家は、キッチンと洗面所が離れていて、狭いマンションではあるものの、忙しい朝の移動は負担。そこで、もっとラクに、時間にゆとりをもてる動線と仕組みを考えました。

それが、キッチンでのスタンディングメイクです。

洗面所の収納

まず起きたら洗面所で、洗顔、スキンケア、髪を整えます。洗面所には化粧水とオイルをスタンバイ。

メイクからはキッチンで。キッチンの引き出しひとつをメイクグッズの収納場所に決めています。忙しい朝時間に洗面所とキッチンを何度も行き来することがなくなり、動線の短縮にもなりました。

メイクするときは鏡をスタンバイ

メイクをするときは、引き出しからダイソーのアクリルミラーを取りだし、ひとつ上の段に立てかけて使っています。アクリルミラーは、落下しても割れにくいので安心して使えます。

以前は、洗面所でポーチにメイクグッズを収納していて、洗面台脇に少しずつ出しては、最後に片づける工程に面倒さを感じていました。

キッチンでは、引き出しを開けながらメイクをして、使い終わるごとに決まった位置に戻すので、手元に広げるスペースや、片づける手間もいらなくなってぐんと楽に。

スタンディングスタイルは、子どものいたずら防止にもなり、素早く取りかかれるので、今の自分の暮らしに合っています。

無印&ダイソーのグッズを組み合わせて取り出しやすく

無印の引き出しをメイク収納に

メイクグッズをポーチにざっくり収納していた頃は、次に使うアイテムをごそごそと探して取りだすのがストレスでした。それを解消するため、無印の引き出しにダイソーの仕切りボックスを入れて、見渡しやすい立てる収納で、取り出しやすくしています。

無印の引き出しにダイソーの仕切りボックスを入れた立てる収納

使用した収納グッズは以下。

  • 無印良品「ポリプロピレンケース・引出式・深型・2個(仕切付)」 約幅26×奥行37×高さ17.5㎝  税込み1,490円
  • ダイソー 「自由自在積み重ねボックス 小・仕切り付」 幅15×奥行11×高さ8.6㎝  税込み110円

収納するものも、この機会に、使うものだけに厳選して量を減らしたら、選ぶことにも悩わなくてすむように。毎日使うものは手前に、たまに使うものやメイクスポンジのストックなどは奥に、定位置を決めて収納しています。

ひと手間くわえて使いやすくアレンジ

スポンジを使って高さを調整

唯一、この収納で困ったのが、小さなアイテムが取りにくいことでした。そこで、仕切りボックスの底に、メラミンスポンジをカットして押し込み、高さを底上げしてみました。これなら、苦労せずに取り出すことができます。

ミニボトルの化粧グッズ

洗面所には、洗顔後やお風呂上がりに使う化粧水などのスキンケアグッズがありますが、キッチンでも使えるよう、それぞれミニボトルを購入して収納しています。

毎日の生活パターンに合わせて、メイクする場所を見直すと、朝の効率がUP!収納も工夫して使いやすいコーナーをつくってみてください。

  • B!