収納術

露重和子露重和子

押し入れ収納の優秀アイテムは?奥行きを有効活用できるものが大活躍

押入れの収納

オフシーズンのモノや衣類を収納するのに欠かせない押入れ、効率よく使っていますか?
整理収納アドバイザーの露重和子さんによると、押入れの奥行きは布団をしまうのに適したサイズなので、それ以外のモノをしまうには、工夫が必要だそう。

では具体的にどうしたらいいのか?押入れの奥行きを有効に活用するアイテムと、その活用法を教えてもらいました。

山善の押入れハンガーラックで奥と手前で使い分ける

押入れ収納に便利!山善の押入れハンガーラック

わが家で活用しているのは山善の押入れハンガーラック。奥は、使用頻度の低い日用品を収納し、手前部分は使用頻度の高い夫の洋服をハンガー収納にしています。
棚は7つの穴から好みの位置を選択できるので、しまいたいものに合わせて高さを調節できます。幅は30㎝伸縮可能ですから、押入れの形状に合わせて幅を調節できます。
階段下収納のお宅などに、おススメのアイテムです。奥行きがある押入れの収納は、便利なラックを活用して、奥と手前を使い分けるとスペースを有効活用できます。

無印のキャスター付きの平台車を使えば出し入れしやすい!

キャスター付きの平台車の活用で出し入れしやすい
押入れの奥に重いモノをしまうと、取り出すのが面倒になりがちですが、キャスター付きの平台車を活用すれば、取り出しやすくしまいやすくなります。

押入れで無印のキャスター付きの平台車が活躍

わが家で活用しているのは、無印良品の縦にも横にも連結できるポリプロピレン平台車。その名の通り、縦にも横にも連結できるので、載せたいモノによって形状を使い分けることができ便利です。ちなみに単体のサイズは幅27.5×奥行41×高さ7.5㎝。耐荷重は80㎏なので重いモノも乗せることができます。重いモノを載せていても、キャスターのすべりもよく、取り出しやすくしまいやすいです。

押入れには奥行きのある衣装ケースを活用する

押入れでは奥行きの奥行きのある衣装ケースを活用

わが家では、奥行きのある引き出し式の衣装ケースを衣類の収納に活用しています。重ねて置ける引き出し式なら、モノの出し入れもラクに行えます。
引き出しに衣類を収納する際は、奥に使用頻度の低いモノを、手前に使用頻度の高いモノを収納すると、引き出しを目いっぱい引き出さなくても目当てのモノを取り出せ、管理もラクです。

押入れの壁面も突っ張り棒+ワイヤーネットで有効活用

突っ張り棒+ワイヤーネットで押入れの壁面も有効活用

押入れの壁面に突っ張り棒+ワイヤーネットを設置すれば、アクセサリーや時計の収納スペースになり、壁面の奥行きを有効活用できます。

押入れの収納は、奥行きを有効に活用できる収納アイテムを活用すれば、スッキリと使いやすくなります。押入れにしまいたいモノの用途に合わせて、スッキリ使いやすい押入れ収納を目指してください。

  • B!