暮らし 設備

住まいの設計編集部:坂本ひろみ

カーテンやブラインドは、デザイン性×快適性で使い分けて

カーテンやブラインドなど窓回りのアイテムは、何を基準に選んでいますか?
もしも、色・柄などのデザインだけで選んでいたのなら、もったいない!

最近は、デザインのよさに加え、機能性を高めたり、地球環境に配慮したものなどが登場しています。
最新の商品を調べてみました。

デザイン性が高く、光のコントロールもしやすいブラインド

デザインの美しい横型ブラインド「フォレティアエグゼ チェーン」

写真提供/立川ブラインド工業

カーテンやブラインドは部屋のインテリアに影響します。
同時に、光や風、外からの視線をコントロールし、暮らしをより快適にしてくれる機能的なアイテム。

なかでもブラインドは、羽根の向きを調整することで光や風を通し、外からの視線も遮ってくれます。
主な構造は羽根が横長で上下に開く「横型」と、縦長で左右に開く「縦型」の2タイプ。

写真は横型ウッドブラインドの「フォレティアエグゼ チェーン」。
羽根に昇降コードの穴がないのでデザインが美しく、光漏れをシャットアウトする遮蔽性の高さが特徴。
チェーン操作なので、一般的なループ操作に比べて大きな窓でも軽い力で操作ができるそうです。

2種類の羽を組み合わたタテ型ブラインド「アルペジオ バックレーススタイル」

写真提供/ニチベイ

写真は、縦型ブラインド(バーチカルブラインド)の「アルペジオ バックレーススタイル」。
2種類の羽根(不透明とレース)をL字状に配置しているのがポイント。
不透明な羽根を閉めた時の遮蔽性が高く、レース状の羽根との組み合わせで光の取り入れ方を変化させることができます。

ブラインドかカーテンかで迷ったら。いいとこ取りしたシェードも登場

通り抜けできるタテ型ブラインド「スマートドレープシェード」

写真提供/ノーマンジャパン

近年では、ブラインドとカーテンのよいところをミックスさせた商品もあります。

それが、写真の「スマートドレープシェード」。
レースカーテンのようにも見えるのは、独立したU型シェードを上部のみで連結しているから。
通常のブラインドの裾部分は、ボトムコードと呼ばれる紐状のものでつながれています。
しかしこの商品はボトムコードがないので、カーテンのようにどこからでも安全に通り抜けられるというわけ。

調光は縦型ブラインドと同じで、シェードの角度調節でプライバシーが守られます。
屋外に面した掃き出し窓などに取り付ければ、外から見られにくいし、出入りもしやすくなりそうですね。

地球環境に配慮した、おしゃれなカーテンも!

麻を使ったサスティナブルなカーテン「アイム」

写真提供/川島織物セルコン

世界中で環境問題が注目されていますが、環境に配慮したカーテンがこちら。

写真の「アイム」は、リサイクル素材や天然素材を用いたサスティナブルなカーテン。
写真のカーテンに使われているのは、麻とポリエステル。麻ならではの質感や風合い、自然な色みが魅力です。
エコやナチュラルな暮らしを楽しみたい人にぴったり。

西日対策なら、スクリーンが大活躍

西日を遮る外付けスクリーン「サングッド」

写真提供/セイキ販売

西日の差し込みが強い場所に重宝するアイテムとしては、外付けするタイプのスクリーンがあります。

写真の「サングッド」は、西日対策用の外付けスクリーン。
樹脂加工を施したスクリーンが日射熱を最大約80%カットし、冷房効率も高めてくれます。
上部にシャッターの付いた窓でも後からの設置が可能。

今では様々な窓回りアイテムが登場しています。
使う人の好みや取り付ける場所、窓の種類、求める機能などで使い分けてみてはいかがでしょうか。

【商品の問い合わせ先】
川島織物セルコン/03・5144・3892 セイキ販売/03・5999・5820 立川ブラインド工業 /0120・937・958 ニチベイ /03・3272・2592 ノーマンジャパン /0120・051・507

※情報は「住まいの設計2020年6月号」取材時のものです。

  • B!