体験レポート&リサーチ

大木 聖美大木 聖美

IKEA原宿は超・都心型。世界初の「スウェーデンコンビニ」も!

2020年6月、イケア・ジャパン初の都心型店舗としてオープンし、話題のIKEA原宿。世界初となる「スウェーデンコンビニ」があったり、都心部の暮らしのニーズを反映したインテリアの提案があったりと見どころ満載。イケア大好きの暮らし評論家・大木聖美さんにレポートしてもらいます。

IKEA原宿はとにかく駅近!徒歩1分で到着

IKEA原宿外観

とにかく駅近!徒歩1分で店舗前に到着します。IKEA原宿はJR原宿駅の目の前にできた「WITH HARAJYUKU(ウィズハラジュク)」内にあります。通りかかったらふらりと店内に入れる気楽さが嬉しいですね!

IKEA原宿の吹き抜け空間

店舗は1階と2階を大きな吹き抜けが繋ぐ開放感あふれるつくり。普通の雑貨屋さんなら広いと感じる店内ですが、イケアの既存店と比べたらかなりコンパクトです。

1階と2階の行き来は自由で、全体をぐるりと見てもそこまで時間はかからないので、気軽に立ち寄れます。

都心部でのニーズに合わせた商品セレクト

一人暮らしやコンパクトな空間のコーディネートを提案

イケアの商品はとにかくアイテム数が膨大。その中から、一人暮らしやコンパクトな限られた居住空間で暮らす方々に向けた都市部でのニーズに合わせた商品を厳選。限られた空間の中で分かりやすく配置しているそうです。

コンパクトなのにこんなに素敵に、自分好みのものを集めて楽しめるんだ、と驚くはずです。

インテリアコーディネートの例

IKEA原宿のコンセプトは2つ。健康的でサステイナブルな毎日の暮らしをサポートしたいということ。そしてもうひとつは、限られた空間をアイデアあふれるソリューションや商品でマイスタイルに作り上げて欲しいということ。

そんなコンセプトにぴったりのショールームは見ていて楽しいし、とても参考になります。

その場で買うのではなく「注文する」というスタイル

寝室のコーディネート実例

IKEA原宿の特徴のひとつがその場で買える商品が少ないこと。在庫を持たず、その分のエリアを商品展示に割いています。商品を実際に見て、体験して、気に入ったら商品についているバーコードをチェック!オンラインストアでお買い物するという流れです。

いわばカタログの現実版みたいな感覚です。すべての商品の分かりやすい場所に商品タグがついているので、商品名や価格が分からなくて迷うことはありませんでした。

眠る、整える、くつろぐ、料理する。分かりやすい4つの売り場構成

フロアレイアウトはとても分かりやすく4つの売り場に分けられています。都心部の暮らしのニーズを反映したそうで、「眠る」「整える」「くつろぐ」「料理する」に分けて展示されています。

1:眠るエリア

眠るエリア

狭い部屋であっても質の良い眠りを可能にするための商品セレクト。ベッドはシングルで、収納機能のついたものが多く展示されていました。忙しい生活を送っている方の睡眠ニーズに応える多機能な製品が多数ラインナップされています。

2:整えるエリア

整えるエリア

収納用品が一堂に介したエリアは片付けのモチベーションが上がること間違いなし!小さなスペースを上手に活用するアイデアが満載のエリアです。ここは持ち帰りできる商品が多数あるので、帰宅後すぐ部屋の片付けに着手できます。

3:くつろぐエリア

くつろぐエリア

ソファ、クッション、グリーンなどリラックスできて暮らしを快適に楽しいものにしてくれる商品が揃うエリア。大きなソファが圧巻!IKEA原宿のフォトスポットになっています。

4:料理するエリア

料理するエリア

ヘルシーでサステナブルな暮らしを送れるような商品が豊富。便利な調理器具やフードロスを減らすのに役立つ保存容器、食器も多数揃っています。オーガニック素材から生まれたドリンクや食材などもこのエリアで販売しています!

世界初の「スウェーデンコンビニ」は気軽さが魅力

スウェーデンコンビニ

気軽にふらりと立ち寄れる「スウェーデンコンビニ」は、なんと世界初。イケアの味やちょっとした小物をパパッと購入できる嬉しいエリア。エコバッグやカップ麺など、お手頃価格のものが取り揃っています。

IKEA原宿のベーカリー

ベーカリーもこんなにオシャレ!コーヒーやプラントベースのソフトアイスなどとともにテイクアウトできます。支払いは現金のほか、各種クレジットカード、コード払い、電子マネー、交通系電子マネーなど多岐にわたって使用可能なのも嬉しいポイント。

気軽にふらりと立ち寄れる、新しい形のIKEA原宿。自分らしいマイスタイルな暮らしを叶える商品をぜひここで見つけてみてはいかがでしょうか。

  • B!