インテリア・雑貨

大木 聖美大木 聖美

綿、ウール、竹…「IKEA原宿」はサステナブルなアイテムが充実

2020年6月にオープンした都心型店舗のIKEA原宿は「健康的でサステナブルな毎日の暮らしづくりをサポート」がコンセプトのひとつ。店内を「眠る」「整える」「くつろぐ」「料理する」という4つのエリアに分けて商品展開をしています。

サステナブルとは「持続可能な」という意味。地球環境に配慮する、自然に優しいという意味合いで使われることが多い言葉です。実際どんなサステナブルな商品があるのでしょうか?

エリア別に、おすすめ商品をイケア大好きの暮らし評論家・大木聖美さんにレポートしてもらいます。

「眠る」エリア:ベターコットンで上質な眠りを誘う

ベッドルームのコーディネート

イケア製品に使用する綿は約5年前からサステナブルな調達先から仕入れたものになっています。特に水をなるべく使わず他の用途にもっと水を使えるよう工夫して栽培されたベターコットンは、生産者のためにも地球環境のためにもなる素材です。

確かに、素材の見た目や触り心地からそんな優しさが伝わってきます。

ベッドリネン売り場

パッキングされていると質感などがわかりにくいものですが、IKEA原宿では現物をきちんと確認できるようシーツや枕がわかりやすく並んでいました。「ぐっすり眠るために知っておきたいこと」や「素材について」などアドバイスも近くに掲示してあるのでぜひチェックを!

イケアのベッドリネン類は価格・品質・機能・デザイン全てにこだわりながらもサステナビリティにも妥協をしていない、こだわり抜いた商品なんですね!

「整える」エリア:再生可能素材を使ってモノも心も整える

SKAKARE(スカーカレ)収納ボックス

SKAKARE(スカーカレ)収納ボックス

再生可能素材である竹を使った天然素材のボックスです。真四角なので中のモノを収めやすく、並べても無駄な空間が生まれないのでスッキリ見える優れもの。

天然素材の整理ボックスは硬くなりがちな収納空間を程よく優しい雰囲気にしてくれるので重宝します。竹は耐摩耗性に優れているので、リビングや洗面所など場所を選ばず家じゅうどこででも使えるのが嬉しいですね。

FLADIS (フローディスバスケット、シーグラス)

FLÅDIS (フローディスバスケット、シーグラス)

シーグラスという100%再生可能な自然素材を丁寧に編んでつくった持ち手付きバスケットは、内側に折り込むことで高さを抑えたカゴとしても使える2ウェイです。とても柔らかい素材で、手編みのためひとつひとつ表情が異なるのが特徴。

ベトナムやインドネシア、中国の高い技能を持つ職人の手によるバスケットは本当に手触りが柔らかく、経年劣化もまた楽しみのひとつ。雇用を生みながら家の中も整い、気持ちもスッキリするだなんて、まさにサステナブル!

「くつろぐ」エリア:サステナブルなウールで優しい時間を

ブランケットやラグの売り場

コットンと同じくウールも責任ある調達をしているイケア。ウールは耐久性と強度に優れているだけでなく、そもそも羊の毛なので自然に伸びる持続可能な素材。再生可能、生分解可能、リサイクル可能といったとってもサステナブルな自然素材なんです。

そんなウールを使ったブランケットやラグはやっぱり暖かいし触り心地が落ち着きます。家でホッとくつろぐ時に使うもの、肌に触れるものはサステナビリティあふれる天然素材のものを選びたいですね。

「料理する」エリア:フードロスを防いで食を楽しもう!

IKEA 365+保存容器

IKEA 365+保存容器

食材を保存するのに欠かせない容器はこんな耐熱ガラス製のものを選んでみてはいかがでしょうか。ガラスなら汚れがつかず、ニオイ移りもなく長く衛生的に使うことができます。

冷蔵庫から出してそのままレンジもオーブンもOK。シンプルだからそのまま食卓にも出せるので時短家事に繋がります。

IKEA 365+保存容器

竹製のフタは密封性が高く、匂い漏れがありません。ガラス製は中身がよく見えるので、冷蔵庫の中で食べ忘れたり埋もれてしまうことを防ぎます。フードロスを削減するためにもわかりやすい食品管理を心がけたいですよね。

FASCINERA(ファシネーラまな板、マンゴー材)

FASCINERA(ファシネーラまな板、マンゴー材)

サービングプレートとしても使えるオーバル型のまな板は、より持続可能な調達先から仕入れたマンゴー材でできています。木目が1点1点異なるので自分好みの1枚を見つける楽しみも。これも自然素材ならではの楽しみですよね。

番外編:こんなところにも!サステナブルな取り組み

クリスマスの本物のもみの木の再利用

回収したもみの木をチップ化しグランドカバーとして利用

クリスマスの風物詩である本物のもみの木の再利用として、回収したもみの木をチップ化。2階スウェーデンカフェの植木鉢のグランドカバーとして利用しています。香り高いもみの木のチップだなんて素敵な再利用!

IKEA原宿へお越しの際はぜひこんなところもチェックしてみてください。

プラごみを減らしお財布にも優しい給水スポットを設置!

給水スポット

マイボトルがあれば自由に給水することができるスポットがIKEA原宿1階のスウェーデンコンビニにあります。

プラスチックゴミを減らすことができる環境にとても優しい取り組みは、無駄な買い物を防ぐのでお財布にもとっても優しいですよね。こうした取り組みは積極的に活用したいもの。

イケアは人にも地球にもポジティブな影響を生み出したいと考えているそう。そのためにも、より多くの人々が限りある資源を大切にしつつ、快適な暮らしを実現できるようにする商品を多数取り扱っています。

こんな魅力的な多くの取り組みをしているなんて、ますますイケアが好きになってしまいますね。

  • B!