暮らしのコツ

しかま のりこしかま のりこ

ダイニングとリビングの入れ替えで広く感じる!!魔法の家具レイアウト術

狭さを感じない、ストレスフリーなリビング

在宅勤務や自粛生活で、家族がリビングにいる時間が増えています。リビングがもう少し広かったら…とストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

一級建築士のしかまのりこさんは、リビングとダイニングの家具を入れ替えるだけで、広く感じるストレスフリーのリビングになると言います。その目からウロコの家具レイアウト術を3Dモデルを使って教えてもらいました。

キッチンの横をダイニングにすることが多い、LDKの家具配置

日本の住宅の間取りは、3LDKから4LDKが一般的です。そして、最近では可動間仕切りでつながった、広い一室空間のLDKが主流になっています。

一般的なLDKのプラン

こちらの間取りは4LDK戸建ての2階の様子です。キッチンの前に1部屋あり、その隣に可動間仕切りでつながった1部屋があります。

このような間取りは、「田の字型間取り」といわれ、マンションにもたいへん多い間取りです。

子どもが小さいうちはLDKに勉強スペースがあるケースが多い

この「田の字型間取り」ですが、子どもが小さいときは、リビング学習などをさせるため、上図のように、キッチン前の1部屋をLDとして使い、その隣の1部屋をリビング学習や子ども部屋として使うこともできます。

配膳しやすいよう、キッチンの横にダイニングというプランが一般的

また、リビング学習を必要としない年齢になったときは、上図のように、2部屋を可動間仕切りでつながった1つの広いLDとして使うこともできます。
この2部屋を1つのLDKとして、広く使う場合、多くの方は上図のように、キッチンの横にダイニング家具をレイアウトします。なぜなら、キッチンでつくったお料理を配膳しやすいためです。

ダイニング家具とリビング家具、どちらが場所をとる?

しかし、ここで考えなくてはいけないことは、リビング家具、ダイニング家具それぞれの大きさです。

一般的な4人家族の場合、よほど大きなダイニングテーブルを置かない限り、ソファーなどのリビング家具の方が大きくなりがちです。そして、大きなリビング家具は、より大きい空間にレイアウトしなければ快適な空間になりません。

一般的なLDKの使い方だと、リビングよりダイニングが広くなる

一般的な間取りでは、上図のようにリビングよりダイニングが広くなっています。

ダイニングの家具より、リビングの家具のほうが場所を取る

しかし、上図を見れば一目瞭然!リビング家具の大きさは、ダイニング家具より大きくなっています。

より大きな場所を必要とするリビング家具を、いまダイニングとして使っているスペースに移せば、部屋が広く使えるようになります。

リビングとダイニングを入れ替えすると、驚くほど広く感じる!

リビングとダイニングを入れ替えすると、驚くほど広く感じる!

入れ替え前の家具レイアウト

リビングがかなり窮屈です。その他にも、バルコニーへ向かう矢印で表した動線が、ソファーで阻害されているため、大変動きにくい家具レイアウトになっています。

そこで、リビング家具をダイニングへ、そしてダイニング家具をリビングへ入れ替えて、家具をレイアウトしてみました。

リビングとダイニングを入れ替えてみる

入れ替え後の家具レイアウト

すこし大き目な4人掛けダイニングテーブルは壁に寄せてレイアウトし、バルコニーへの動線を確保しました。リビング家具は、広いダイニングの中心にレイアウトしたため、ゆったり広いリビングになりました。

このことで、ダイニングテーブルは、キッチンより少しだけ遠くなります。しかし、このレイアウトにより部屋の中心も広くなったため、動きやすく、また部屋が広く見えるようになります。

家具を入れ替える前のリビング

家具を入れ替える前のリビングです。とても狭い印象ですね。

リビングだった場所をダイニングとして使えば広く、バルコニーへの動線も確保できる

リビングだった場所をダイニングとして使えば、十分広く、さらにバルコニーへの動線も確保できます。

入れ替える前はこのように部屋の中心にソファーがあり、窮屈な印象

入れ替える前はこのように部屋の中心にソファーがあり、窮屈な印象でした。

入れ替えたあとは、部屋の中心に広い床が現れ、同じ面積とは思えないくらいのびやかな空間に

入れ替えたあとは、部屋の中心に広い床が現れ、同じ面積とは思えないくらいのびやかな空間が生まれました。

ソファが真ん中にあるとリビングダイニングが狭く感じる

角度を変えて見てみましょう。これがビフォアーです。

リビングダイニングの間に余白ができると広く感じる

そしてこれがアフターです。

家具のレイアウト一つで部屋は、広くも狭くもなります。
おうち時間を快適にするためにも、家具のレイアウトを見直してみてはいかがでしょうか。

  • B!