暮らしのコツ

beachmamabeachmama

ウイルス対策!ペーパータオル&オートディスペンサーが快適すぎた

新型コロナウイルス対策のため、家族間でタオルの共有をやめているお宅も多いのではないでしょうか。個別にタオルを用意する方法もありますが、使い捨てのペーパータオルにするという手も。さらに、汚れた手で触れずにハンドソープを使えるオートディスペンサーに変更したら日々の家事もラクになった、という日刊すまいライターに詳しく話を聞きました。

手洗い回数が多いと、当然家事の負担も増える

ソフトタイプのペーパータオル

今までも、インフルエンザなどの時期にペーパータオルに変更するかどうか悩んだことがありました。でも、なんとなくもったいなく気がして、タオルをやめることができずにいました。

しかし、新型コロナウイルス対策による休校等によって在宅の時間が長くなり、以前よりも家族の手洗い回数がぐっと増加。手洗い用のタオルを頻繁に交換することで、当たり前ですが洗濯物も増えていき、家事の負担が大きくなりました。

そこで、ウイルス対策の1つとして思い切ってペーパータオルに変更することにしたのです。

ペーパータオルホルダーはプッシュピンで簡単に取り付け完了

ペーパータオルホルダー

洗面台が広くないので、壁にペーパータオルホルダーを掛けて使用することにしました。ティッシュケースを使えないかと挑戦してみましたが、ティッシュケースだと取り出し口がせまくて使いにくかったので、専用の商品を使うことに。

ペーパータオルホルダーをプッシュピンで簡単設置

こちらのペーパータオルホルダーはプッシュピンで簡単に取り付けができ、10分もかからず取り付けが終わりました。

ソフトタイプのペーパータオルは、小さく丸めて捨てることができる

ペーパータオルは、100組で100円前後で購入しました。ゴミが増えるというデメリットも気になっていましたが、ソフトタイプのペーパータオルは小さく丸めて捨てられるので、ゴミ箱がすぐあふれるということもありませんでした。

ハンドソープもオートディスペンサーに交換

オートディスペンサーを置いた洗面所

ペーパータオルと一緒に見直したのがハンドソープ。汚れた手で触らずに使えるオートディスペンサーに変更しました。2,000円前後でした。生活防水で電池式なので洗面台でも使いやすいです。

オートディスペンサーに手をかざすと泡が出てくる

手をかざすだけで泡が出てくるのでボトルが汚れにくいです。今までは、ハンドソープのボトルも手洗い後に洗っていましたが、その必要もなくなりました。

オートディスペンサーは泡が出るのと同時にニコニコマークが表示される

私が購入したものは、泡が出るのと同時にニコニコマークが出るので、マークが出ている間はしっかり手洗いしてほしいことを子どもには伝えています。手洗い時間の目安になるので小さい、子どもがいる家庭にはとても嬉しい機能です。

見直し後の洗面所

ウイルス対策は、なるべくストレスなく続けることが大切だと思います。まずは手洗いスペースを見直すことで、小さな家事ストレスも軽減されるので、試してみてはいかがでしょうか。

  • B!