DIY

増井 小綾増井 小綾

天然塗料「柿渋」で床や本棚のDIY。独特の風合いが安全に手に入る

青い渋柿を圧搾し、その果汁を発酵・熟成させた柿渋

防腐・防虫・防水効果にすぐれた天然塗料「柿渋」。独特の色合いは、青い渋柿を圧搾し、その果汁を発酵・熟成させることで生まれます。その歴史は古く、平安時代が始まり。

一級建築士の増井小綾さんも柿渋の魅力にとりつかれた一人。これまで色々な木部に柿渋を塗って、その色合いや変化を試してきました。DIYでできる家の模様替えと注意点などを、事例を交えながら解説してもらいます。

柿渋を床に塗ると独特の風合いが。有害物質を吸着して無害化もしてくれる!

柿渋は、ややオレンジがかった明るい茶色の液体。木に浸透することで落ち着きが生まれ、時間の経過と共に濃く深まっていきます。和風モダンな空間はもちろん、クラシック、ナチュラルテイストなど、どんなインテリアとも相性は抜群です。

柿渋で良い味わいの出た床

無垢の木床に柿渋を塗った例です。木の温かみと独特の風合いが生まれました。
1度塗りは色が薄めなので、塗り重ねています。木目をそのままに、塗膜をつくらず浸透するので、木の呼吸も妨げません。

柿渋は安心して使える天然素材の塗料

柿渋は天然素材なので人体に無害です。さらに、接着剤で貼り合わされた合板や木材防腐剤などから発生する、ホルムアルデヒドを吸着し無害化する効果もあります。アレルギーに敏感な人でも、安心して住まいの内装材に使えます。

柿渋はDIYの家具をグレードアップしてくれる!色味は重ね塗りで調節

DIYの本棚も柿渋でいい風合いになった
ツーバイフォー用のパイン材でつくった本棚に柿渋を塗りました。DIYの家具をグレードアップさせるのに柿渋は一役買ってくれます。
塗装直後は色が薄かったのですが、数か月経つと写真のような色味に変化しました。柿渋の特徴として、空気に触れると酸化して、次第に色が濃くなります。自然塗料のなせるワザです。

※塗装の際は、重ね塗りを前提として、薄めに1~2度塗り、数週間後に色合いを見てから、さらに重ね塗りするかを検討してください。重ね塗りは、ホコリを払えば、そのまま上から塗って問題ありません。

風呂椅子にも、防水効果もあり耐久性を高めてくれる柿渋を塗装

ヒノキの風呂椅子にも柿渋を塗装
昔の番傘の和紙に柿渋染めが使われたように、柿渋は防水効果もあり耐久性を高めてくれると言われています。そこでわが家では、ヒノキの風呂椅子にも塗装しています。4回程塗り重ねたため、色は濃くなっています。
使用後に乾燥を心がけていたとはいえ、7年使い続けられているのは、柿渋の抗菌・防腐効果のおかげとも言えそうです。

パーゴラ(外構)など直接日光が当たる雨ざらしの場所では不向き

直射日光がよく当たるパーゴラへの柿渋塗装は不向き

柿渋は、基本的には屋内用の塗料で、紫外線に弱く、雨に当たると少しずつ洗い流されてしまいます。ですので、屋外で直射日光がよく当たるパーゴラへの柿渋塗装はおすすめできません。もし、使う場合は、直接日光や雨が当たらない場所で。

1年でパーゴラへに塗った柿渋は流れてしまった

わが家のパーゴラでは、塗装してしばらくの間は柿渋独特の色合いを楽しめましたが、写真のように1年後には、塗装が跡形もなく失われ、木材表面はグレーに自然風化しました。

柿渋はネットでも購入可能。選ぶときはニオイのないタイプを!

市販されている柿渋

柿渋は、インターネットで手軽に購入できます。現在売られている柿渋製品の多くは、無臭タイプの柿渋です。もともとは、発酵物独特のニオイがキツイので、なかなか一般人には扱いづらかったのですが、無臭化する製法が確立されて以来、身近な塗料になりました。購入の際は、一応、ニオイの有無を確認しましょう。ニオイの有無で効能に変わりはありません。

価格は500mlで1,500円程度です。手頃な価格であるのもうれしいですね。1ℓで大体10㎡程度塗れます。

柿渋塗装するときに用意するモノ
柿渋塗装するときに用意するモノ

  • ウェス(シャツの端切などでも可)
  • 刷毛(広い面積にはコテバケ<写真右端>も便利!)
  • 塗料受け皿(イチゴのパックなどでも可)
  • 養生テープ
  • ダンボール・新聞紙等の養生シート

柿渋は、刷毛またはウェス(布)を使って塗ります。柿渋は一般に、さらっとして粘りが少ないものが多いので、原液でも非常に塗りやすいです。刷毛で木目方向に1、2度滑らせる感じで、木に浸透させます。ウェスの場合は、布地に柿渋を取り、木に刷り込みます。

商品や木材の種類によって、発色や濃さが違ってきます。できれば実際の材料と同じ端材を使って、試し塗りすることをおすすめします。杉の木などは、吸い込みやすい材なので、1回塗りでは薄いと感じるかもしれません。好みの色味にするにあたり、何回塗りがよいのかいくつかパターンを出して試作します。

柿渋は塗る前に試し塗りしましょう

ヒノキ材に1回塗ったものと2回塗りしたものの比較です。

赤みのある杉板と白っぽい杉板に柿渋を塗った比較
こちらは赤みのある杉板に1度塗り(左)したものと、木肌の白い杉板へ1度塗りしたものの比較です。

試し塗りでは、塗りやすさも確認できます。ヒノキなどは油分があり、塗料を弾いてムラになりやすい材なので、ゆっくり刷毛を動かし薄塗りを心掛けます。商品によっては、薄めて使った方が刷毛の後が残りにくく、綺麗に仕上がります。刷毛とウェスを併用するのもよいでしょう。

そして、余った柿渋ですが、1年以内には使い切るようにしないと、ゼリー状になり使えなくなってしまいます。気温が高くならない暗所で保管します。木材以外にも、布地の染色にも使えるので、ぜひ使い切りましょう!

※作業にあたっては服装と床の養生が必要です。手についても水洗いで取れるのですが、衣類やフロアにつくと染まってしまいます。柿渋はさらっとしていて垂れやすいので、厚めの衣類・ダンボール等を用意しましょう。塗料のついた布・紙類は、自然発火の危険がないので、そのままゴミに出して構いません。

  • B!