暮らしのコツ

hanahana

本当に使いやすい「レジかごバッグ」。4年間使っても不満なし

食品を入れたレジかごバッグ

7月からスタートしたレジ袋有料化により、エコバッグやレジかごバッグを活用する機会が増えました。そんななかで、今使っているものに不満があり、本当に使えるものを探している人も多いのでは?

そこで、日刊住まいライターが「4年前からずっと使い続けるほど、デザインと機能ともに大満足」なレジかごバッグを紹介します!

本物のピクニックバスケットのようなデザイン

バカンスクーラー トートバッグ PANIER

筆者が愛用しているレジかごバッグは、「バカンスクーラー トートバッグ PANIER」です。まるで本物のバスケットのように見えるプリントが施されたユニークなデザインです。目を惹くデザインが気に入って4年前にネットで購入しました。購入時の価格は約2500円でした。現行品とは異なるかもしれませんが、似たようなものが購入できると思います

レジかごバッグの内側は保冷効果のある生地を使用

デザインに惹かれて購入しましたが機能も優秀。内側には保冷効果のある生地が使われていているので、特に暑い季節の買い物に重宝します。また、運動会のときにお弁当を保管しておくのにも活躍しました。

レジかごバッグの上部は巾着のようにヒモで口を閉じられる

上部は巾着のようにヒモで口を閉じることができるようになっているので、パンなど潰れやすい食品を入れても安心なところも気に入っています。

家族4人・3日分の買い物にぴったり

実際にレジかごバッグに入れて来た食品

実際にレジかごバッグに入れて来た食品です。家族4人、3日分の量です。このレジかごバッグにはこれくらいの量のが入る、ということがわかっているので、「入りきらなかったらどうしよう」という心配はありません。

レジかごバッグの底部はしっかりとした造り

底部がしっかりとした造りなので、たくさんの食品を詰めて重くなってもたわまないところも気に入っています。

使用後は、キッチンペーパーにアルコールを噴霧して除菌

使用後のレジかごバッグは除菌する

使用後は、キッチンペーパーにアルコールを噴霧してレジかごバッグを除菌しています。また、汚染度の高いものが汚染度の低いものと交わってしまう「交差汚染」を防ぐため、肉や魚、土のついた野菜などは別に用意したレジ袋に入れて持ち帰っています。

また、詰める際は肉と野菜は離して入れる、肉はドリップの漏れ防止のためパックを立てかけない、ポリ袋に入れるなどの工夫をして清潔に保てるようにしています。

※地域や店舗によっては、レジかごバッグを使用できない場合もあります

  • B!