家づくり

Sumai編集部

コの字型キッチンのメリット&使い勝手を、事例を使って解説

コの字型の大きなキッチン
対面・壁付け・カウンターの3面がコの字型にレイアウトされた最強のキッチンをご存じですか?アイランドだったら1面、カウンター付きのキッチンでも2面しかないのが3面!それでいて動線はコンパクトなので、作業効率が抜群なんです。

「U型キッチン」「コックピットキッチン」と呼ばれることも。ある程度の広さがないと実現が難しいレイアウトですが、料理が好きな人、おもてなし好きな人は要チェック。事例を交えて、そのメリットを解説します。

まさにLDKの主役!大きなコの字型キッチンは団らんの中心に

カーテンなしの明るいLDK
これは料理好きの建主がサイズまでこだわって実現したコの字型のキッチンです。ダイニングテーブルもカウンターとしてキッチンの機能に取り込んでいます。

キッチン天板とテーブルの高さを揃うようリビングの床を10㎝アップ。キッチン側の床はモルタルにし、ここに入れば「さあ、料理するぞ~」ってスイッチが入りそう!

キッチン腰壁に張った化粧板は、建主がアメリカのカフェの写真からイメージしてオーダーしたもの。2色のオイルをランダムに塗ってラフな印象に仕上げています。手持ちの家具ともフィットして、統一感のある空間に。
ラフな空間にマッチするキッチン
キッチン内は3面のワークトップ(カウンター)下の収納の充実ぶりに目を見張ります。
IH調理器と食洗器、水栓は既存のキッチンに付いていたものをリユース。収納はすべてオープンなので、どこに何があるかひと目で分かって便利なのだそう。

短い動線で料理も片づけが完了するコの字型キッチン

ガラス建具がアクセントのLDK
一戸建てのリノベ事例です。1階リビングの天井と間仕切り壁を取り払い、一室空間のLDKに。躯体の鉄骨の機能美をそのままデザインとして見せました。
壁付けだったキッチンはコの字型に変更して、対面して作業ができるようになりました。リビング・ダイニング側に腰壁を立てているので、キッチン内部が少々散らかっていても気にならないのだそう。

作業しやすいコの字型キッチン

キッチン内の床と壁はタイル貼り。左手前からシンク、奥にコンロやオーブン、右手は壁付けのメリットを生かし、上部に食器棚を造作。収納が多いので片付けやすく、短い動線ですべての作業が完結するのもいいですね。これがコの字型キッチンの最大のメリット。

コンパクトなスペースで3面を上手に活用したキッチン

イケアの使いやすそうなコの字型キッチン
こちらは小さなお子さんのいるご家族がマンションリノベで実現したキッチン。
壁面と対面式のカウンターⅡ型+突き当りの壁面を調理道具の収納に活用しています。コンパクトなスペースで3面を上手に使っているという点から言えば、これもコの字型キッチンのカテゴリーに入ります。

コの字型キッチンは動線が短く使いやすい

キッチンはイケアのシステムキッチンを採用。収納もたっぷり、動線はほぼゼロ!そして、リビングにいる小さなお子さんにも目が届くので、言うことなしのキッチンになりました。

大きな一室空間を見渡す、カジュアルなコの字型キッチン

開放的で明るいLDK
中古の一戸建てをリノベーションして実現したキッチンです。個室に細かく区切られ暗かった1階を、耐震補強を施して広くて明るく快適な空間にしました。この大空間の顔が、大きなコの字型キッチン。
木目が美しいキッチンカウンターの天板
壁は建主がDIY塗装で仕上げました。木目が美しいキッチンカウンターはラーチ合板材。光沢のある白いタイル貼りの壁が印象的です。
3面のワークトップ(カウンター)の下をざっくりとした大容量の収納スペースに。片付けやすく、いつもスッキリしています。
日当たりの良さを考え、2階にLDKを変更
キッチンからはその大空間を一目で見渡せるようになっています。
リビングはキッチンの対角線上に配置。床にはキッチンがタイルなのに対し、こちらはレッドパインに。温かみや色の経年変化が楽しめるようにしました。コンクリートブロックのキッチンとも、違和感なくなじんでいます。柱に残る「ほぞ穴」はリノベならでは。

※今回紹介したキッチンはすべて「日刊Sumai」で掲載されています

■メリハリある予算配分で、コの字型キッチンが主役のこだわりLDKを実現 設計・施工 nu(エヌ・ユー)リノベーション 撮影/水谷綾子
■躯体の鉄骨が美しいLDK。広いウッドデッキを愛犬も喜ぶセカンドリビングに 設計・施工 フィールドガレージ 撮影/山田耕司
■築45年庭付きヴィンテージマンションを、子どもと一緒に成長する家に 設計・施工/フィールドガレージ 撮影/山田耕司
■キャンプ大好きな人が戸建てリノベしたら?積み込みもラクラク 設計・施工/スタイル工房 撮影/遠藤宏

  • B!