暮らしのコツ

大木 聖美大木 聖美

危険、エコバッグで食中毒のリスク。清潔に保つ工夫と手入れの仕方

7月から始まったレジ袋の有料化で、使う人が増えたエコバッグ。実は意外と汚れていることをご存知ですか?手入れをしないで使い続けていると、エコバッグの中で食中毒菌が増えて、購入した食品に付着することも。

家族の健康と安全のためにも、ぜひ、対策をしましょう。エコバッグを清潔に保つための工夫と手入れの仕方を紹介します。教えてくれたのは、くらし評論家の大木聖美さんです。

エコバッグの内側は肉や魚の汁などで意外に汚れている

様々なタイプのエコバッグ

農林水産省消費・安全局食品安全政策課によると、見た目は汚れていなくてもバッグの内側には肉や魚の汁、はたまた野菜から落ちた土などの汚れが付いていることも多いんだとか。

冷蔵・冷凍食品からは水分も出ますよね。そしてそのまま使い続けていると食中毒菌が増えて新たに入れた食品につく恐れがあるんだそうです。それは怖い!

また、福岡県のエフコープ生活協同組合が買い物客のエコバッグの拭き取り調査をしたところ、1割が「汚れている」、5割が「やや汚れている」という判定が出たそう。ということは、約6割ものエコバッグからそれなりの菌が検出されたということになりますね。

3割強の人が、一度もエコバッグを洗ったことがなかった

S字フックでキッチンに引っ掛けたエコバッグ

エコバッグは意外と汚れるというのはわかりました。ではみなさんどのくらいの頻度でお手入れをしているのでしょうか。

前述の福岡県エフコープ生活協同組合が行った調査によると、約半数の人が「エコバッグを洗ったことがない」と回答したそう。

私も7月にInstagramのストーリーズを使ってアンケートを実施したところ、32%の人が一度も洗ったことがないと回答してくれました。

エコバッグを使う機会が増えたので洗おうと意識する層が増えた気はします。それでも3割強の人が洗ったことがないということは、エコバッグを洗うという行為がまだまだ習慣として根付いていないのかなと思いました。

さらにどのくらいの頻度で洗っているかを聞いたところ、月に1度以上と答えてくれたのは約半数の51%という回答でした。残りの49%はもっと少ない頻度ということになります。

私もそこまで意識したことがなく、2か月に一度お手入れをするくらいでした。ちょっと少なかったかもしれないと反省しています。

エコバッグを清潔に保つにはちょっとした工夫が大切

エコバッグを収納したケース

エコバッグの使用頻度と比例してお手入れの頻度も増えるので、洗う回数などはその人によってまちまちだと思います。ただ、清潔に保つポイントはどのエコバッグにも共通しています。

以下にエコバッグを清潔に保つポイントをまとめてみました。

  • 見た目で汚れを判断せず、月に一度など頻度を決めて定期的に洗う
  • 肉や魚、野菜はポリ袋を活用して汚れを付着させない工夫も必要
  • 冷凍食品の結露に注意。フェイスタオルを持参し包んでからしまう方法もあり
  • 温かいものと冷たいものは密着しないよう、詰める順番に気をつける
  • 食品と日用品を入れるエコバッグを分ける
  • 帰宅後は早めに中身を出し、汚れを拭いてよく乾かす
  • 袋詰めをする際、お店の台の汚れにも気をつける
  • 洗いやすい、お手入れしやすいエコバッグを選ぶ

これらを意識するだけで、エコバッグを上手に活用できるのではないでしょうか。

エコバッグのお手入れの仕方

ビニール製のエコバッグを水で濡らして固く絞った雑巾で拭いて乾かす

エコバッグを使ったら毎回しっかり乾かしてからしまいましょう。布製など洗えるものはネットに入れて洗濯機で洗えばOK。ビニール製の場合は、水で濡らして固く絞った雑巾で拭いて乾かすという流れをルーティンにしてもいいですね。

私は袋詰めをする台に接触するエコバッグの底が気になるので、消毒スプレーを吹きかけた布で汚れを拭き取るようにしています。

洗面所に置いた布製のエコバッグ

いくつかのエコバッグを使い分けていますが、とくに布製のエコバッグは手軽に洗うことができるので便利に使っています。デザインがおしゃれなものが多いのでそのまま持ち歩くのにもいいですし、軽いので肩への負担がかからないのも気に入っているポイントです。

大きさも素材もいろいろなエコバッグ。その日のお買い物内容に合わせて最適な大きさのエコバッグをチョイスして持参するのも当たり前の光景になりつつあります。

お手入れも当たり前の流れに組み込み、清潔に気持ちよくエコバッグを使い続けていきたいですね。

参考/「応援!暮らしのキレイ(花王)」「賢く楽しくお買い物(農林水産省)」「エコバッグを洗わない人に迫る怖いリスク(東洋経済新聞)」

  • B!