マネー

Sumai編集部

コロナで住宅ローンが払えない…予感がしたらすぐ検討を・救済策3選

電車の中吊り

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

新型コロナウイルス拡大の影響で収入が減り、住宅ローンの支払いが困難となる人が増えています。支払いを滞納すると、金利の優遇が受けられなくなり、さらに経済的に追い込まれてしまう悪循環に。最悪の場合、家を競売にかけられることもあります。
今回は、FP2級の資格を持つ海田幹子さんに、払えなくなる前に考えたい救済措置を3つ教えてもらいました。

滞納する前に対策を!住宅ローンが払えなくなったら起きること

売り出し中の家

georgemphoto / PIXTA(ピクスタ)

ローンの支払いを滞納してしまった場合の最悪の結末は、家が競売にかけられてしまうこと。住むところを失ってしまうため、この事態はなんとしても避けなければなりません。それでは滞納するとどのようなことが起こるのか、順を追って見てみましょう。

もしも住宅ローンの支払いが一定期間滞ると、ローンを組んでいる金融機関から督促状や催告書が届きます。そのままローンの支払いがなければ、金融機関は保証会社へ住宅ローンの一括支払い請求をし、保証会社が残金を支払うことになります。

保証会社とは、債務者がローンを支払えなくなったときに、借金を肩代わりしてくれる会社のこと。保証会社が金融機関に残金を一括返済した時点で、債務者の支払先は金融機関から保証会社へと変更されます。そして、保証会社は債務者へ不動産競売の申し立てをし、自宅は競売にかけられるという流れになるのです。

このような事態に陥ってしまわないために、住宅ローンの支払いが困難になった際の救済措置について知っておきましょう。

支払いの延長や軽減など…滞納する前に考える救済措置3つ

銀行の窓口を訪れる親子

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

ここでは、きちんと救済策の内容と条件が明確になっている、「フラット35」などの住宅ローンを扱う「住宅金融支援機構」の返済方法変更メニューを紹介します。「フラット35」は、全期間金利が固定されている住宅ローンで、民間金融機関と提携しているため利用者が多い住宅ローンです。

救済措置は、適用条件などで多少金融機関に差はあります。ただ、どこも同じ様な救済ラインナップを揃えているので、フラット35以外の住宅ローンを採用した人にとっても、この記事は参考なります。「返済特例」「中ゆとり」「ボーナス返済の見直し」の3つが、今回説明する救済措置の内容です。

「返済特例」を使えば返済期間の延長ができる

返済特例によって、以下の2つのことができます。

  • 最長15年の返済期間の延長
  • 最長3年の元金据置期間の設定

ただし、返済特例は誰でも受けられるわけではありません。

「年収が年間総返済額の4倍以下」や「月収が世帯人数×6万4000円以下」などの条件をクリアする必要が。民間金融機関でも、条件はそれぞれ異なりますが、返済期間の延長をしてくれる金融機関は多いでしょう。

返済期間の延長が受理されれば、月々の支払い額が下がるため、家計の負担は軽減されます。一方で、支払い期間が伸びることにより利息の負担額が増え、総返済額が増加するデメリットがあることも覚えておきましょう。

一定期間、返済額を軽減できる「中ゆとり」

「コロナ禍で、一時的に給料が減っている」などの人に有効なのが「中ゆとり」と呼ばれる救済措置。金融機関の担当者と相談のうえ、期間を決めて月々の返済額を軽減させることができます。

厳しい条件があった返済特例とは違い、「中ゆとり」には利用条件はありません。月々の負担が減る一方で、返済額の軽減期間が終わったら、返済額と総返済額が増加します。名称は異なりますが、民間金融機関でも多く取り扱われている救済措置です。

ボーナスがカットされた場合は「ボーナス返済の見直し」を

銀行の窓口で会話する親子と銀行員

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

「新型コロナウイルスの影響で、業績が悪化し、ボーナスがカットされてしまった」という人には、「ボーナス返済の見直し」という選択肢があります。
以下の3つが、ボーナス返済の見直しでできること。

  • ボーナス返済月の変更
  • ボーナス返済の取りやめ
  • 毎月分、ボーナス返済分の返済額の内訳変更

金融機関によっては、ボーナス返済を途中で変更することは原則不可としているところもあるので、一度窓口で相談してみましょう。

今回は、フラット35などを取り扱う住宅金融支援機構で実施している救済措置を紹介しました。基準や対策に差はあるものの、どの民間金融機関でも救済策を用意しています。
住宅ローンが払えなくなったときは、滞納してしまう前にまず相談に行きましょう。

監修/海田幹子(ファイナンシャルプランナー2級)

  • B!