クイズ 連載

Sumai編集部

「陸屋根」読める?屋根に陸地があるって、どういうこと?

読めそうで読めない「陸屋根」
五大陸に陸上競技、陸といえば地面のイメージ。でも屋根って地面じゃなくて、建物の上にありますよね?じゃあ「陸屋根」って、どういうこと?

意味も気になりますが…さて何と読むでしょう?

切妻屋根に片流れ屋根…屋根の形状はさまざま

子どもの頃に描いた家の絵

タカス / PIXTA(ピクスタ)

子どもの頃、クレヨンや色鉛筆で三角形の屋根を載せた家を描きませんでしたか?それは「切妻屋根」。もっともポピュラーな屋根です。

都市部の北側斜線とか道路斜線といった斜線規制がある地域では、斜めの屋根も多いですね。これを「片流れ屋根」と言います。
最近のエネルギーを考えた住宅では、太陽光発電が効率的に行えるように南向きの片流れの家にするケースもあります。
それらの屋根とは違う「陸屋根」って、どんな屋根なんでしょうか?

ビルやマンションで目にする平たい屋根が「陸屋根」

hoshinotei__001

撮影/目黒伸宜 設計・施工/スターディ・スタイル

正解は「ろくやね」です。

「りくやね」と読んでも通じますが「ろくやね」と読めたほうが、この人は建築のことを知っている人だなと、勝手に思ってくれるので「ろくやね」と読んでください。

「陸」という字を見て、陸地?と思った人も多いと思いますが、もともとの「陸」には水平とか、平らという意味もあります。

屋上でBBQを楽しむ

louis / PIXTA(ピクスタ)

ビルやマンションの専売特許みたいだった陸屋根ですが、最近は一般の住宅でも人気です。
陸屋根を載せた箱型の家は、モダンな印象で外観もおしゃれだからです。そして平らな屋根の上をアウトドアリビングとして楽しむこともできます!

もうひとつの庭として家庭菜園をしたり、BBQをしたり…。キャンプ道具を持って上がれば、おうちキャンプも可能!

天気がいい日は屋根に上がって食事をするなんて、想像するだけで楽しそう!

陸屋根だと、屋根裏部屋がつくれないとか、防水面で注意が必要といったデメリットもあります。でも屋根の上で楽しい時間を過ごせることは、捨てがたい魅力ですよね。
家を建てるとき、検討してみてはいかがでしょう。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「束石」
「束石」読める? たばいし、じゃないよ。縁の下の力持ちみたいな石です

人気連載

READ MORE