インテリア・雑貨

山口 真未山口 真未

Otel「マジックシートフック」でヌメリ知らずのキッチンに。ホテルライクの見た目

キッチンのヌメリ対策にOtelマジックシートフック

キッチンの洗剤ボトルに、いつの間にか底の部分に嫌なヌメリが…。この悩み、フックを使ってボトルを浮かせることで解決します。しかも、見た目軽快、ホテルライクな演出だってできるんです。

整理収納アドバイザーの山口真未さんに、おすすめのフックを紹介してもらいました。機能的なうえに、きれいにはがすこともできるアイテムだそう。

ボトル用なら1㎏までOK!繰り返し使えるOtelマジックシートフック

ボトル用のOtelマジックシートフック

わが家のキッチンで活躍しているのは、Otelマジックシートフック。磁石や吸盤とも違う特殊な素材で、つるつるとした平らな面なら、どこにでもつけられるのが魅力です。

100均でも類似商品を見かけますが、ボトルの重さに耐えきれずはがれてしまうモノも。こちらは耐荷重もバッチリ。ボトル用フックなら1㎏までOKです。

取り付けは簡単。貼り付け面の汚れを拭き取ったら、裏面の保護シールをはがし、空気を逃がしながらマジックシート(9.5㎝×9.5cm)を密着させ30分ほど放置しておくだけ。フック部分は取り外せるので、ボトルの口にリングをはめてセットすれば終了です。

一度密着させてしまえば、上からポンプを押しても簡単にはがれません。はがしたときに壁に跡が残らず、何度も繰り返し使える点も気に入っています。

フックを統一することで、ヌメリ知らずのおしゃれな水回りに

Otelマジックシートはフックの種類も豊富

フックの種類も豊富で、シャワーヘッドホルダーや歯ブラシフック、スポンジやザル、洗面器のようなモノまで掛けることができるスチール製のマルチフックなど様々なタイプがあります。ですからシリーズで揃えることでキッチン以外の場所でも統一感をもたせつつ、ヌメリ知らずの水回りをつくることが可能です。

また、パリのアパルトマンをイメージしたというデザイン性の高さもおすすめのポイント。「SOAP」「SHAMPOO」など使うモノを示すために印刷されたラベリング文字にも種類が揃っています。

配置は自由!動線を変えることで使いやすく時短にも!

Otelマジックシートフックで家事動線もスムーズに

キッチンでは「ポンプボトルホルダー 樹脂フックタイプ」「泡ソープボトルホルダー メタルタイプ」「ワイドホルダー」を利用して、キッチン流し台上に「食器用洗剤」「泡ハンドソープ」「食器用スポンジ」を浮かせて収納しています。

ボトルを浮かせることで、底のヌメリはなくなりました。汚れたら、片手で布巾や使った後のペーパーでさっとひとぬぐいすればすぐにきれいに。これだけでも掃除の手間を1つ省くことができ、時短になったと感じます。

すべて横並びに配置して、統一感を演出するのも素敵ですが、わが家では子どもがハンドソープと食器用洗剤を間違えて使わないようにあえて2か所に分けています。

Otelマジックシートフックがあれば、右手でスポンジを取りながら左手で洗剤をプシュッとひと押し
スポンジと食器用洗剤は近くに置くことで、右手でスポンジを取りながら左手でプシュッとひと押し。スムーズな流れですぐに食器を洗う準備ができます。並べて統一感のある素敵な水回りを演出したい派も使い勝手重視派もおすすめです。

気になる価格帯ですが、一番多い価格帯は税込1100円~1650円。ネットでも購入できるので、気になる方はチェックしてみてください。

●教えてくれた人/山口真未さん
収納整理アドバイザー。なるべく手間をかけずにすむような仕組みづくりや動線を日々思案中

  • B!