体験レポート&リサーチ

sakkosakko

無印の洗濯用ハンガー「本当に服の首回りが伸びない?」を検証。冬物に頼もしい

首回りを引っ張らずに服が掛けられる無印良品「ポリプロピレン洗濯用ハンガー」
外干しでも室内干しでも、機能性が問われる衣類用ハンガー。100均からインテリア用品のメーカーまでいろいろな種類がありますが、なかなかコレ!というハンガーに出会えないですよね。

洋服の首回りが伸びない工夫がされているハンガーを探していた住まいライターのSakkoさんがたどり着いたのが、無印良品の「ポリプロピレン洗濯用ハンガー」。その使い心地をリポートしてもらいました。

特殊な形状のおかげで首回りは伸びず乾きもよい!

首回りを引っ張らずに服が掛けられる無印良品のハンガー
フックの形がユニークなこのハンガーには幅33㎝(3本組190円・税込)と41㎝(3本組250円・税込)の2種類があります。33㎝のほうは子ども服や小さめの婦人服にもぴったりと紹介されていたので、トップスはSサイズの筆者用に。41㎝のほうは夫用にするつもりで2種類まとめて購入しました。

まず、このハンガーのポイントでもある「首回りを引っ張らずに服が掛けられる」のは本当です。

今までは首回りが伸びないようにハンガーを服の下から通していたのですが、首元からハンガーを通せるこちらのハンガーを使ってみて、あの手間は意外とストレスだったんだなと実感しました。これからの季節はタートルネックのセーターなんかにも使えます。

無印良品「ポリプロピレン洗濯用ハンガー」にタートルネックのセーターを掛ける

無印良品「ポリプロピレン洗濯用ハンガー」だとタートルネックのセーターも取りやすい

無印良品「ポリプロピレン洗濯用ハンガー」がらタートルネックのセーターを外すところ

編み目が引っかかってほつれる心配もなし
ワイヤーハンガーより厚みがあるので、しっかりふんわり乾く

ワイヤーハンガーより厚みがあるので服自体に空気が入りやすく、衣類がしっかりふんわり乾きました。ハンガー自体に角がないので、洗濯じわも防げます。

ハンガーにつなぎ目がないので、編み目が引っかかってほつれる心配もなし!ポリプロピレンの耐熱温度は100~140℃なので、このまま浴室乾燥にかけても大丈夫です。

女性用Sサイズでも肩につなぎ目のない服には41㎝がおすすめ

Sサイズの服でも41㎝のタイプのほうがよい

33㎝のほうは私のSサイズの服用に購入しましたが、乾いた時、肩にハンガーの跡が残ってしまうものがありました。

先ほど登場したタートルネックのセーターは、素材がウールで伸縮性が強いので33㎝センチのハンガーがぴったりでしたが、肩につなぎ目のないものは小さめの婦人服でも41㎝のハンガーを使ったほうがよさそうです。

小さなお子さまの服には33㎝がちょうどよいと思います。

耐荷重約1kg。干すモノが重いとハンガーが伸びてしまうので注意

無印良品「ポリプロピレン洗濯用ハンガー」に重いモノを干すのは要注意

この商品は41㎝のもので耐荷重約1kgです。厚手の服で綿やウールなど水を吸って重くなるものをかけるのには適していないことが分かります。

筆者も分かってはいたのですが、ポリエステルのフード付きアウターをかけてしまったところ、このようにハンガーが伸びてしまいました。

通常の状態のモノと重ねて見ると、肩の部分がだいぶ下がっていますよね…。フック部分が片方の肩としかつながっていないデザインなので、余計に重さの影響を受けやすいのです。

重いモノを干して変形した無印良品「ポリプロピレン洗濯用ハンガー」

軽くて速乾性のあるポリエステルのアウターなので問題ないと思っていたのですが、厚みのある服は肩が太くしっかりしたハンガーを使ったほうがよいです。

伸びてしまったハンガーは100℃のお湯に5分漬けてみたところ、ほぼ元の形に戻ってくれました。

これから冬に向かうにつれ、重さのある厚手の服を洗濯する機会も増えていくと思いますが、冬物ならタートルネックなどの首回りの狭いインナー系専用にして使うことをおすすめします。

  • B!