家事

森 麻紀森 麻紀

ゴミ箱じゃないものを使うと意外と快適。欲しいところに捨てる場所を

キッチンのゴミ箱の置き方

この場所にゴミ箱があるといいなと思ったとき、希望通りのサイズや置きたい場所に合う形状のゴミ箱が見つかるとは限りません。

「そんなときは固定観念にとらわれず、柔軟な発想で家のなかやお店を見渡してみてください。きっと代わりになるものが見つかりますよ」

そう語るのは、ライフオーガナイザーの森麻紀さん。ゴミ箱ではなくても、その代わりになるものを紹介してもらいました。

冒頭の写真は森さんの家のキッチンスペース。窓下に置いているペダル式のゴミ箱は、左の可燃ごみ用と右の紙ごみ用の2つ。でも、それ以外のゴミ箱は「ゴミ箱」という名称で呼ばれているモノはないそうです。

ランドリーバスケットをゴミ箱としてキッチンで使う

プラスチックゴミのゴミ箱をランドリーバスケットで代用

こちらは布製の入れ物。この中にはプラスチックゴミを入れていて、使っているのは円柱の「ランドリーバスケット」。ちょうど45ℓのゴミ袋が入る大きさで、普段は開けっぱなしで使い勝手よく、来客時には閉めてスッキリ!というように使い分けができます。

柔らかい素材のおかげで、ゴミが多いときは横に広がってくれるので、入りきらないということはほぼありません。満杯になっても軽いので、掃除のときにも簡単に持ち上げられます。

無印良品の「ポリプロピレンケース」の引き出しをゴミ箱に代用

空きビンと空き缶は、無印良品の「ポリプロピレンケース・引出式・深型」に入れています。あったらいいな、と思う場所がここだったので、元々は別のモノが入っていた収納スペースを空けました。わが家から出る空ビン、空き缶の量なら、このサイズで十分間に合っています。

大きな不燃ゴミは滅多に出さないので、専用の置き場所は特に用意していませんし、日々ちょこちょこ出る小さな不燃ごみを同じ引き出し収納ケースの中に入れています。また、家電量販店に持ち込むボタン電池やカートリッジなどは小袋に入れて、ここへ一時置きしています。

小さな分別ゴミはマグカップで代用

小さな不燃ゴミ用に使っているのは、娘が幼稚園の頃に使っていた「マグカップ」。大切に取っておくほどではないけれど状態が良いのです。思い出の品も実用的なゴミ箱に使い回し。おかげで、たまに目にすると親子で和んでいます(笑)。

スーパーの拠点回収用の資源ゴミ入れはエコバッグを活用

発泡スチロールトレー、ペットボトルやキャップ、牛乳パックなどはスーパーでの拠点回収に持っていくので「エコバッグ」の中。普段使いのエコバッグとは別のものを用意しています。

冷蔵庫と壁のすき間に吊り下げているので、入れづらくなったら持っていくタイミング。捨てるときは玄関のドアに引っ掛けておいて、夫か私のどちらかが買い物へ行くときに持っていきます。ゴミを回収箱に入れた後、空いたエコバッグを持って買い物へ。少量の買い物であれば、このサイズで十分。たくさん買い物したいときの、サブバッグとしても活躍してくれます。

アルミ缶は私が行くスーパーでも回収していますが、アルミ缶とスチール缶を分けずに出せる地域の回収の方に出す方が細かい分別をせずにすむのでラク。ビンと同じ引き出し収納ケースへ収めています。

洗面所では、束ねたポリ袋が活躍

洗面所はゴミ箱を設置せず、束ねたポリ袋で快適に

洗面所で使っているのは、「吊り下げタイプのポリ袋」。
ゴミ箱にゴミ袋を毎回セットするのが面倒くさい!ホコリや髪の毛が落ちやすい洗面所でスムーズに掃除がしたい!という思いからの発想です。10年以上続けていますが、とても快適です。
この方法だと、ゴミ袋をセットする手間も省けますし、ゴミ箱のスペースも不要です。

洗面台の下なので、視界にも入りにくい場所。このとき意識しているのは、ゴミ袋に入っているゴミが少しでも目に入りにくいように、自然に折りたたまれた内側の袋へゴミを入れるようにすることです。

寝室は、100均のアイテム「ハンディモップ入れ」をゴミ箱代わりに

セリアの「ハンディモップ入れ」を寝室用のゴミ箱に代用

寝室で使うゴミ箱は、チェストの側面に2個用意しています(奥に鏡があるので、4個に見えますが…)。ゴミ箱として使っているのは、100円ショップセリアで購入した「ハンディモップ入れ」。
最初は可燃ゴミ用として1個だけ使っていましたが、プラゴミも意外と出ることがわかったので、分別のため2個配置しました。

寝室ではゴミ箱が汚れるようなゴミは出ないので、ゴミ袋はセットしていません。また床から浮かせているので、洗面所同様、こちらも掃除の時に動かす手間もなし。

この商品は、引っ掛けるところの形状のおかげで、しっかりとフックにはまり、少し大きめのゴミを入れても入れ物が傾いたりしないのでおすすめです。

今回ご紹介したゴミ箱の代わりにしているモノのなかで、ゴミ箱を目的に購入したのはランドリーバスケットだけ。あらたに買わなくても、家にある入れ物で代用できるかもしれませんよ。使いたい場所や大きさ、形を考えて、先入観なしで自由に使ってみては? ゴミ箱に関するストレスのない暮らしの参考にして下さい。

●教えてくれた人/森 麻紀さん
名古屋市在住のライフオーガナイザー。クローゼットオーガナイザーの資格も持つ。「自分にちょうどいい片づけ方」を実践しつつ、片付けに悩む人へのサポートを行う。Webメディアなどで片付けに関する執筆も

  • B!