暮らしのコツ

tonoeltonoel

大判のバスタオルは使わない!で洗濯ストレス激減。毎日のお風呂時間も清潔で快適に

バスタオルの代わりに使っているフェイスタオル
大判のバスタオルは分厚いですし洗濯の手間もかかりますよね。特に寒い季節は乾きにくいのも悩みです。また、バスマットもしかり。

整理収納アドバイザーのトノエルさんは、目からウロコの発想で、この悩みを一挙に解決。毎日、清潔で気持のいいお風呂時間を過ごしているそう。

タオル・マットの選び方、収納方法とあわせて、そのとっておきのアイデアを紹介してもらいました。

浴用タオルは無地のフェイスタオルを使用。傷んできたら一度に替える

無地で汚れの目立たないフェイスタオル

筆者は「洗濯しにくい」という理由から、バスタオルは日常使いせずに、フェイスタオルを浴用として使ってきました。一人暮らしを始めた20年前からは、同色無地のフェイスタオルで揃えています。

家に遊びにきた友人には「美容院みたい~」と言われたりしましたが、筆者にはこれがちょうどいい。

タオル選びのこだわりは、以下の5つです。

  1. フェイスタオルを使う
  2. 無地を選ぶ
  3. 白などの淡い色は持たない
  4. 傷んできたら一度に買い替える
  5. 適正量は20枚に

その理由を解説すると、まず「フェイスタオルを使う」の理由はすでに述べた通り、洗濯も乾燥も畳むのもラクだからです。
「無地を選ぶ」の理由は、柄がないほうが表裏が気にならないので畳みやすいですし、シンプルな見た目もスッキリするから。「白などの淡い色は持たない」というのは、使うと汚れが付くかも…と緊張して、気持ちよく使えないからです。

「傷んできたら一度に買い替える」のは、買い替えの手間を省くため。使い古したタオルは雨に濡れた自転車を拭いたり、掃除用にしたりと、再利用しています。

「適正量は20枚」の理由は、わが家にとって20枚がちょうど安心できる量だから。筆者宅で1日に使うタオルは約10枚。毎日洗濯するので、普段は10枚あれば足りるのですが、旅行前後や引越し前後は洗濯できない日もあるので、予備も含めて20枚と決めています。

バスマットは毎日洗ってもすぐ乾く、薄いタオル生地のモノを!

洗濯してもすぐ乾くscopeの「ハウスタオル バスマット」

こちらも一人暮らしを始めたころから、愛用しているのはタオル地の薄いバスマット。

筆者はバスマットも毎日洗いたいので、洗濯しやすくて乾燥しやすいのがいいから「分厚いバスマット」は持っていません。

ここ数年はscope(スコープ)の「ハウスタオル バスマット」を愛用しています。これが、ちょうどいい分厚さと大きさ。吸水性もよく、デザインも好みなので、何度も同じモノを買い替えています。

子どもも使いやすいようタオルは引き出しに、バスマットは吊る収納

浴用のフェイスタオルは、子どもも取り出しやすい洗面台の引き出しに

洗面台の引き出しに収納した浴用のフェイスタオル

浴用に使用しているフェイスタオルは、浴室を出てすぐの洗面台の引出しに収納しています。ポイントは子どももサッと取れること。この高さの引出しなら、子どももラクに手が届くので、自分で取り出せます。

前の家での浴用のフェイスタオルの置き場所以前の住まいではサッと取れる場所にちょうどいい引出しがなかったので、しまい込まずにそのまま置いていました。色柄を揃えていると、出しっぱなしでもそんなに気になりません。

洗濯の終わったバスマットは、S字フックを角の穴に引っ掛けて吊っておく

洗濯したバスマットはS字フックで吊っておく

毎日洗濯するので、バスマットは1枚だけ。洗濯が終わったら脱衣所のS字フックに引っ掛けておきます。scope(スコープ)の「ハウスタオル バスマット」は、角に穴が開いているのが便利。使用するときは子どもでもサッと取って広げられるし、使用後は簡単に引っ掛けられます。

S字フックは無印良品の「ステンレス横ブレしにくいフック」を使用

S字フックは無印良品の「ステンレス横ブレしにくいフック・大 2個入・約直径1.5×2.5㎝(税込350円)」です。横ブレしにくくて、子どもでも扱いやすいのでおすすめです。

●教えてくれた人/tonoel(トノエル)さん
整理収納アドバイザー、引っ越しコンサルタント。結婚後8年で8回の引っ越し経験を生かし、インスタグラムや各種メディアで、整理収納や引越しをテーマに情報発信。オンラインで整理収納通信講座とコンサルティングを行う

  • B!