占い 連載

直居由美里直居由美里

切れない包丁があると悪縁に悩まされることに…その理由は?<ユミリー風水>

切れない包丁は運気を下げる
風水では、切れ味の悪い刃物を使っていると、悪縁に悩まされるとされています。また、お金を蓄えるためには無駄な出費や、お付き合いを切る必要があります。

それを買ったほうがいいか?人付き合いで出かけるか?…そういうときに判断を鈍らせるのも、使っている包丁に原因があるのかもしれません。

五行の「金」を整えることで金運アップにつながる!

風水の基本思想である陰陽五行では、木・火・土・金・水が自然界のあらゆる事象を象徴しています。

季節で言うと、木は春、火は夏、金は秋、冬は水、そして土は季節の狭間である土用をつかさどります。秋は収穫の季節。このことから、金は金運や財運を象徴しています。作物の刈り取りには刃物が欠かせません。

もう勘の良い方はお気づきだと思いますが、包丁も大切に整えておくこととで金運アップにつながります。

刃物の切れは、頭の切れにも通じる

包丁を研ぐ

yukiotoko / PIXTA(ピクスタ)

切りたくても切れない縁、判断力が鈍ってチャンスを逸してしまうことは、すべて切れ味の良し悪しに通じます。包丁だけでなくハサミやカッターなど、家にある刃物は常に切れ味のいい状態に保ってください。

もうひとつ。使ったら出しっぱなしにはせずこまめにしまうことを心掛けてください。刃物は良い気も切ってしまう可能性があるからです。包丁は刃を下を向けて収納場所に。ハサミやカッターは刃が見えないよう、引き出しやペン立てにしまってください。

切れ味の良い包丁やハサミを使っていれば、おのずと判断力がシャープに。悪い縁を断ち切り、チャンスを逃さないシャープな判断力が身につけば、金運・財運だけでなく、仕事運や人間関係運もアップしてきます。

部屋のニオイが気になる人は要注意。こちらも!

ユミリー風水、良い香りで運気を上げる
部屋のニオイが運気を下げる!?トイレ、排水口、ゴミ箱は要注意<ユミリー風水>

監修/直居 由美里 風水建築デザイナー、由美里風水塾塾長。風水を環境学(学問)として捉え、風水・気学・家相学などを30年以上にわたり研究。その功績により2009年には「易聖」の称号を授与された。著書多数。最新刊は『九星別ユミリー風水2021』『ユミリーの風水暦2021』(ともに大和書房)携帯サイト 「直居ユミリー恋愛風水」 「ユミリーの成功の法則」 で読者からの質問に答えてくれている
イラスト/波田佳子

人気連載

READ MORE