家事

beachmamabeachmama

洗濯槽に汚れをためない、おすすめの工夫。カビやヌメリを手軽に防ぐ

ふたを開けた洗濯機

洗濯機を毎日使っているとどうしても気になるのが、洗濯機内の汚れやニオイ。きれいに使っているつもりでも洗濯機には少しずつ汚れがたまってしまいます。

洗濯槽クリーナーを使った定期的な手入れをすることはもちろん大切ですが、日々の生活の中でもちょっとした工夫をすることで、汚れやニオイを予防することができます。特別な道具や洗剤は必要ありません。さっそくその方法をご紹介します。

洗濯機の中をできるだけ乾燥させる

洗濯機は汚れがたまってくると洗濯物に黒い汚れがついたり、イヤなニオイがしてきます。わが家では毎月なるべく洗濯槽クリーナーを使って洗濯機の手入れをしていますが、日々の手入れも大切だと考えています。とくに洗濯機の中に湿気が残らないように、ということを意識しています。

槽乾燥する

洗濯機の送風乾燥コースのスイッチを押す

機種によっては槽乾燥機能がついているので、それを利用するのもいいと思います。わが家の洗濯機には「送風乾燥コース」が付いているので、洗濯が終わった後に送風乾燥運転をしています。洗濯機内部の湿気を飛ばしてくれるので、しっかりと乾きます。

ふたを開けておく

洗濯機のふたを開けておく

洗濯機のふたは閉めておいたほうが見た目はスッキリしますが、可能な限り開けておいて、湿気がこもらないようにしています。

衣類のホコリや洗剤の溶け残りを放置しない

洗濯時に出る衣類のホコリや洗剤の溶け残りを放置すると、ニオイやカビの原因になってしまうので、なるべくその都度取り除くようにしています。

洗剤の量をきちんと守る

洗剤投入用ケースに洗剤を入れる

洗剤の量が多いと溶け残りの原因になり、それが汚れの原因となってしまいます。目分量で適当に入れず、使用量をきちんと守り、入れすぎないように意識しています。

洗剤ケースや糸くずフィルターはいつもきれいに

洗剤ケースを洗って乾かす

洗剤ケースは使い続けるとヌメリや汚れが付きやすいので、洗濯後に軽く水洗いをして洗面台や浴室に置いてしっかり乾かしています。

糸くずフィルターも、1回の洗濯で結構な量の糸くずやホコリがたまります。わが家の糸くずフィルターは、汚れが目立ちにくく容量が多いこともあり、ついつい掃除が後回しになりがちでした。

でも、こまめに手入れしないとニオイがしたり黒カビがついたりしてしまうので、洗濯後に都度水洗いするようにしています。

洗濯機周辺の隙間はついで掃除できれいに

洗濯機周辺のすき間を掃除する

洗濯機の中だけでなく、洗濯機周辺の隙間にもホコリや汚れがたくさんたまっています。わが家では糸くずフィルターなどを洗うついでに、ササッと洗濯機まわりを掃除しています。

洗濯槽クリーナーを使った手入れも定期的に

洗濯槽クリーナーで手入れをする

それでも洗濯機の汚れはどうしてもついてしまいます。定期的に洗濯槽クリーナーを使用して手入れをすることも大切です。槽洗浄コースがついている機種も多いので、そういったコースも活用しながら洗濯機の汚れ防止対策をしてみてはいかがでしょうか。

  • B!