家づくり

Sumai編集部

家の形が分かる大事な図面。立面図と断面図はココをチェックせよ!

不動産屋のチラシや、家づくりの雑誌やサイトでも、いわゆる間取り図といわれる平面図はよく見かけます。一方で、あまり見慣れないのが立面図や断面図といった、建物の縦の様子を表したもの。平面図だけでは表せない、上下階のつながりや開口部の高さ、外観のデザインなどが読み取ることができるのです。

専門家に任せておけばいいと考えずに、家づくり初心者も、図面をきちんとチェックできるようにしておきましょう。あとになって、「こんなはずでなかった」という事態を防ぐためにも大事です。立面図と断面図の見るべきポイントを解説します。

立面図は外観を4方向からとらえた図

立面図は建物を外から眺めたときの図で、東西南北4方向から描かれています。建物がどのような形をしているか知りたい場合に役立ち、屋根の形状もよく分かります。

また軒先の高さと出寸法、窓やドアの位置や大きさ、開き勝手、屋根や外壁の材質といった外観の様子も具体的に見て取れるもの。外壁の凸凹部分などは、平面図と併せて確認しましょう。

立面図でチェックしたいポイント

立面図(南立面図)
CheckⒶ
平面図と照合し、窓の大きさや取り付け位置を確認。隣家と窓が向き合わないように注意を。

CheckⒷ
立面図は外壁形状を示した図。さらに仕上げ表と照合して見ることで、外装の詳細を確認できます。

立面図(東立面図)
CheckⒶ
北側斜線などをチェックし、法規的にクリアしているか確認を。同時に外観デザイン、屋根の角度などがイメージどおりか見ていきます。

建物を縦に割った断面図で上下の関係が分かる

断面図は、建物内部を縦方向に切断したもの。これを見れば、地面から1階床、1階床から2階床まで、1・2階の天井高、軒の高さ、最高部の高さといった、建物の各部分の高さなどが分かります。

また、吹き抜けや階段、ロフトなどのつながりや部屋の上下の重なりも把握でき、特にスキップフロアの構成などは理解しやすいでしょう。

前面道路斜線や北側斜線などの建築基準法上の細かなチェックは、この図面で行われます。

断面図(東西断面図)
CheckⒶ
天井高は身長によっても受ける印象が違うので、同じ高さの空間に実際に立って、感じをつかむのがベスト。

断面図(南北断面図)
CheckⒶ
部屋の高さを確認しつつ、部屋と部屋のつながりを見ます。吹き抜けやスキップフロアがある場合は、居室との関連性や寸法を要チェック。

CheckⒷ
南北の断面図では、屋根の傾斜の様子がよく分かります。この印が示すのは、5度傾斜しているという意味。

矩計図でより詳細な断面が分かる

断面図の一種の「矩計図」
矩計図(かなばかりず)は断面図の一種で、より詳細に記された図面です。ここには基礎の形状や高さ、地盤への納まり、壁内部の断熱材、天井裏や床下の状態などが表現され、建物の構造の様子がよく分かります。

このほか、床の高さや階高、軒の出寸法、階段の蹴上げ・踏み板の高さなども記載されています。

図面のおもな略字記号を知っておく

図面上に出てくるアルファベットの略字。何を示すものか分かりますか? 図面をスムーズに読み取るためにも、よく登場するものは覚えておきましょう。

略字 意味 略字 意味
GL 地盤面 SR サービスルーム(納戸)
CH 天井高 UB ユニットバス
PS パイプスペース WIC ウオークインクロゼット
EV エレベーター SIC 靴収納
FL 床仕上げの上端面のレベル RF ロフト

平面図と併せて縦方向の図面が読み取れると、家のイメージがグンとつかめるようになるはず。頭に思い描いている理想の住まいと照らし合わせて、気になるところは設計者に質問していきましょう。

●教えてくれた人/米村拓生
一級建築士、インテリアプランナー、住宅性能評価員。東海大学工学部建築学科卒。設計事務所「アトリエT+K」を主宰する

  • B!